本に関わる仕事・図書館司書

図書館司書本が好きな人に人気がある職業に、図書館司書があります。
図書館司書の仕事は、図書館で図書の貸し出しをしたり、本棚を整理したりすることです。さらに図書館の資料の収集や整理、保管などの業務があります。

図書館司書は、利用者が求めている本や資料を適切に提供する必要があります。
もしも利用者の借りたい本がない場合、他の図書館から本を取り寄せて提供する場合もあります。なので他の図書館と連携することも、大切な仕事となります。

また、多くの利用者が本を見つけるための検索装置の整備も、仕事に含まれます。
図書館司書の業務内容は、幅広いものと言えるでしょう。

資格が必要です

図書館司書になるためには、資格が必要です。
この資格は、1日の試験で取得できるものではありません。図書館司書の単位がある大学で講座を受講して資格を取得するなど、取得するのに時間が掛かる資格と言えます。
もしも公立図書館で働く場合は、この資格が必要です

なお、図書館には、公立図書館の他に大学図書館・学校図書館・専門図書館などがあります。このような図書館なら、資格がなくても働けます。
司書としてではなくて、アルバイトやパートとしてなら、資格は不要です。

図書館司書の仕事については、なかなか「求人がない」と言われています。
就職目的で図書館司書の資格を取ろうと考えている人は、図書館の求人状況を考えた上で、資格を取得するかどうかを判断しましょう。

※この記事は2008年当時の記事になります。下記のウェブサイトなどで、最新の情報を確認してください。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム