髪の毛の寿命を理解して育毛しましょう

髪の毛の寿命

髪の毛の寿命については、通常、

男性の髪の毛は3年から5年ほど、女性は4年から6年ほどです。

寿命が来た髪の毛から、順番に抜けていきます。
平均で言うと、1日に50本から100本程度のペースで抜けていきます。
抜け毛の本数は、元々の髪の量によって違います。季節の変わり目(特に秋の始め)に抜け毛の量が増える、と言われています。平均的な本数の抜け毛なら、問題ないと言えます。

ところで、

男性ホルモンは髪の毛の組織を衰えさせるので、髪の毛の寿命を短くする

とされています。
髪の毛の寿命が短くなる原因、皮脂が多くなる原因は、男性ホルモンであると考えられています。そういうことより、発毛剤の中には「男性ホルモンの働き」を抑制する物があります。
あと、日常生活において、ホルモンバランスを崩す原因があるなら、生活を改善する必要があります。

育毛のために抜け毛を観察

抜けてしまった髪の毛を観察することは、今後の育毛に参考になります。ただし間違って判断してしまう可能性もあるので、参考程度にしておきましょう。

寿命が来て抜け落ちた髪の毛は、マッチ棒の様な形をしています。
ところが、栄養不足などにより寿命が短くなった髪の毛も同じ様な形状をしています。なので、抜け毛の確認だけでなくて、頭皮の状態についても調べる必要があります。

また、抜け毛については、いつ頃「抜け毛が多かったか」気をつけると良いでしょう。
以前は、1日当たり50本ほど抜け毛があった。しかし現在では、30本くらいになった。
このような場合、頭皮や髪の毛の状態が変化したと考えられます。
「発毛の手当て」により、頭皮や髪の毛の状態が良くなった場合や、抜け毛が進行したため、抜ける髪の毛が少なくなってしまったという悪い状態も考えられます。

残っている髪の毛をケアしましょう

育毛・発毛ケアを行なう時、抜けてしまう髪の毛のケアよりも

残っている髪の毛を手当てするようにしましょう。

元気な女性抜け毛は、髪の毛の寿命により起こる事です。髪の毛の寿命は、頭皮から生えてくる前に決まっています。これは、自然の樹木が枯れてしまうことと同じです。

抜け毛は、枯れた毛です。なので、どれだけ大事にしても助けられません。枯れていく毛をケアしても、どうしようもありません。残っている髪の毛を元気にするために、「手当て」に専念するべきです。

あと、ケアする際、皮脂を除去しすぎないように気をつけてください。
皮脂が、毛穴に詰まってしまった。このままでは栄養が行き届かないと判断して、シャンプーやクレンジングを使用して「手当て」をした。
しかし、そうしていたら、前より皮脂が多くなって余計に髪が薄くなってしまった。
以上のようなことを、体験した方がいます。

皮脂は、育毛を助ける成分も含んでいます。除去し過ぎると、ますます薄毛の原因になります。注意しましょう。