3大死因と関係がある?生活習慣病

医師から「あなたは生活習慣病です」と言われても、そんなに大きなショックを受けることはないでしょう。「ちょっと不健康なだけ」と考えている人が多いと思います。

ですが生活習慣病は、結構厄介と言えます。なぜなら生活習慣病は、3大死因と言われている「がん」や「心臓病」「脳卒中」という病気と関係があるからです。人によっては、3大死因は生活習慣病によって引き起こされている、と指摘している方もいます。

もしも今、生活習慣病であると言われているなら、今のうちに改善しましょう。「がん」や「心臓病」という大病になってからでは、治すのが困難だからです。病気のリスクは、小さいうちに取り除くほうが良いです。

生活習慣病の原因・運動不足

肥満の中年男性メタボリック症候群」という言葉は、誰もが知っていると言って良いくらいに、広く世間に浸透しました。ちょっと太っている人が、すぐにメタボと呼ばれたりします。近年の日本では、メタボリックシンドロームの増加が社会問題の一つになっています。
メタボリック症候群は単なる肥満ではなく、そのまま放っておくと生活習慣病に繋がってしまうリスクがあります。

そんな生活習慣病の原因としては、食生活やストレスなど様々な要因が考えられます。それらの中でも大きな要因として運動不足が挙げられます。
自動車や電化製品が普及したことにより、移動や作業が便利になりました。その結果、日常生活での運動量が減りました。よって、運動不足の人が増えました。

日常、運動することは、生活習慣病の予防を始め、多くの病気の予防や老化の防止に必要と言えます。
体を動かすことで、消費エネルギーが増えて肥満を防止できます。そして心肺機能が向上したり、動脈硬化を予防できたりします。また、ストレスも解消できるので、様々な健康効果を得られます。

野菜不足による生活習慣病の恐れ

現代人の野菜不足は、かなり深刻な状況になってきているようです。朝食を食べない人が増えている、コンビニやファストフードの食品ばかり食べているなど、食生活に問題が起きていると言えます。

厚生労働省では成人の場合、1日当たり350gの野菜を摂取することをすすめています(2010年当時)。ですが、それを満たしている成人は、約3割ほどと言われています。野菜の摂取量の平均は、290gほどしかないそうです。

野菜不足を始めとする栄養バランスの乱れによるためか、近年では死亡した人の約20%から30%くらいの人が、生活習慣病で亡くなっていると指摘されています。
ちなみに生活習慣病とは、生活習慣が「その主な発症原因」と言われている疾患の総称です。糖尿病・高血圧・脂質異常症などが、挙げられます。

例えば「がん予防の12か条」では、
「食べ物から、適量のビタミンと繊維質を多く取ること」
そのように書かれています。「食べ物から」と書かれていることより、野菜を食べて「それらの栄養」を取るほうが良いでしょう。

キャベツやトマトなどの野菜は、ビタミンや無機質(ミネラル)を多く含んでいる食品です。積極的に食べましょう。

ちなみに緑黄色野菜をたっぷり食べると、「がん」になりにくいと言われています。その理由の一つは、ベータカロチンを多く含んでいるからということです。

生活習慣病を防ぐ野菜

昔の和食中心の食生活から、洋食(肉やパンなど)の食事が中心になりました。この点も、野菜不足の原因と言えるでしょう。

野菜を毎日取ることは、生活習慣病を防ぐことに繋がります。

意識して野菜を食べるようにしましょう。そして健康を維持するためには、栄養バランスが取れた食事を毎日食べることも大切です。主食・主菜・副菜を、きちんと食べてください。

体重を減らす事から始めましょう

太っていると、やはり良い事は少ないと思います。健康面においても、肥満になると生活習慣病を引き起こしてしまう原因にもなります。普段から太り過ぎにならないように、健康的な生活を送るように心がけることは大切です。
いま現在、特にダイエットする必要がない人でも、これから先のことを考えて食事のカロリーを調節したり、適度な運動をしたりしましょう。より規則的な生活を送るように心がけましょう。

「健康診断で、メタボと診断されるのは嫌だ。急いでダイエットしなければ!」

 

目前に迫ってきた健康診断に対して、慌ててダイエットを始める人もいるかもしれません。
ですが、急いで無理をしてダイエットを始めても、あんまりいい事はありません。むしろ体調を崩してしまう事が、多いでしょう。

実際のところ肥満体型の多くの人たちは、おおよそ今の体重の5%ほどを減らせば生活習慣病になるリスクを「かなり減らせる」とされています。

なので減量を決心した際、最初からマイナス10キロや15キロという無理な目標を立てる必要はありません。多くの場合、マイナス2キロから3キロほどで良いです。
体重をちょっと減らす場合、簡単な運動をすれば良いです。例えば、近所を散歩する程度の運動から、やってみましょう。

メタボ健診は、毎年行なわれる事です。なので毎年少しずつ、健康的に減量してゆけば良いです。「痩せるための減量」をするのではなくて、「健康になるための減量」を行なうようにしましょう。