まるで本物の花みたい、プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

1991年にフランスで誕生して、1996年頃に日本に輸入された花があります。それは、プリザーブドフラワーと呼ばれている花です。

プリザーブドフラワーとは、

生花にブリザーブド溶液を吸わせた花の事です。長期間「瑞々しさを保てる花」として、知られている物です。

「新鮮さ」があって、ドライフラワーのように手軽に取り扱えるという特徴より、多くの人たちから注目されている花と言えます。

鮮度がある花

花の贈り物

プリザーブドフラワーは、1987年に誕生しました。企業と大学による共同研究の結果、この年にプリザーブドフラワーが誕生しました。
この花は枯れることがない、と言われました。花の鮮度を保ったまま、長期間にわたって保存できるようになったからです。

プリザーブとは、英単語の「保存する」という意味になります。生花に対して特殊な加工を行なうことより、花の「鮮やかさ」や「色合い」を長い間、保てるようにします。
加工された花と言えますが、その「美しさ」は本物であり、ヨーロッパを始め世界の国々で、多くの花の愛好家たちを虜にしました。

本物みたいな花

先日ある人が、ファッションビル内の花屋さんに行った時の話になりますが、思わず買ってしまった花が偶然にもプリザーブドフラワーだったそうです。どうやら本物の花と間違えて買ってしまったようです

プリザーブドフラワーは、近年急速に普及しています。特殊加工によって、花本来が持っている「発色」や「瑞々しさ」を長期にわたって維持できる花として、ますます知られるようになっています。
造花みたいな物と思われるかもしれません。ですが「その鮮度」が違うらしく、まるで生きている花のように生命力を感じられるという事です。

使用できる花の材料

ちなみにプリザーブドフラワーで使用できる花の材料は、ある程度、限定されています。材料を2つのタイプに分けた場合、花類葉っぱ類に分けられます。

以前に聞いた話では、花類の種類がまだまだ少ないと聞きました。今後の技術向上により、プリザーブドフラワーで利用できる花の種類は増えていくと思います。増えるまでは、限られた花の中から選ぶことになるでしょう。

なお、一般的な入手方法は、現在では「通販」や「お花屋さん(店舗)」などで手軽に手に入ると聞きました。また、個人輸入でも手に入るそうです。

タイトルとURLをコピーしました