最高の鍋料理・クエ鍋

クエ鍋クエ鍋とは、クエという魚を使用した鍋料理です。このクエ鍋について、あまり聞いたことがないかもしれません。しかし鍋の王様と言われており、結構美味しい鍋料理だそうです。

クエの白身は、ほんのりとピンク色で綺麗です。その味は「あっさり」ですが、「まろやかな甘み」や「旨み」があって美味しいです。鍋料理でいただく際は、「鍋の味付け」を最低限にしてクエの「だし」を味わうようにします。クエを味わうなら、やはりクエ鍋が一番良いと思います。
クエの食感は、とてもプリプリしています。人によっては「ふぐ」よりも美味しいとされていて、最高の鍋料理という評価も数多く見受けられます。最高と言うだけあって、1万円くらいするクエ鍋もあったりします。

高級な魚

クエとは、スズキ目ハタ科の魚です。大型のハタの事です。
クエ鍋のクエに関しては、有名な点はやはりその値段と味でしょう。クエは高級な魚です。なので、なかなか一般家庭の食卓に出てくる事はありません。料亭で、高級な食材として出される事がよくある魚です。
その味は、「クエ(くえ)を食べたら、その他の魚はクエ(くえ)ん」と、漁師たちが言っているくらいに美味しいそうです。

名前の由来は、体の模様を九つに変化させる事ができる事から、クエ(九絵)と呼ばれるようになったそうです。
その体長は、1メートルを超えるくらいの大きさです。
夜になると、活発に活動しています。昼間は、岩場にじっと潜んでいるようです。
クエという魚は、捕獲量が少ないです。そのため、幻の魚と言われています。

アラも美味しい鍋料理

ちなみにこのクエという魚は、九州ではアラと呼ばれていたりします。そして九州では、アラ鍋と呼ばれています。こちらの鍋料理も、かなりの人気があります。
ちなみにその他の地方では、例えば四国ではアオナ、三重ではクエマス、愛知ではマス、西日本の各地ではモロコと呼ばれているそうです。このように、クエは別名で呼ばれることが多い魚としても有名です。

クエ鍋では、クエを豪快にぶつ切りにして入れます。身が美味しいのはもちろん、アラも美味しいです。アラからも、「だし」がたっぷり出ます。
アラに付いているゼラチンが、身以上に美味しいと思えたりします。このアラについているゼラチンには、コラーゲンがたっぷり含まれています。コラーゲンは、女性にとって凄く嬉しい物だと思います。もしかしたらクエ鍋で、お肌がすべすべになるかもしれません。

クエ鍋ではクエの他に、ネギなどの野菜や豆腐を一緒に入れて食べることが一般的です。「味付け」については、昆布で「だし」を取るだけです。食べる際は、ポン酢で食べます。「水炊き」と同じような食べ方と言えるでしょう。クエ鍋のクエから出た「だし」で野菜を煮込むと、野菜はかなり美味しくなります。
「だし」が美味しい鍋料理なので、締めの料理は「雑炊が一番」です。スープの最後の一滴まで食べてしまいたくなるくらいに、雑炊を美味しくいただけると思います。

クエ鍋を食べる事については、旅行ツアーの目的になっていることもあるそうです。例えば和歌山県の南紀では、このクエ鍋が名物となっており、クエ鍋を食べるツアーがあったりするそうです。ここのクエ鍋で使うクエは、天然物だそうです。非常に身がしまっていて、「だし」もよく出るそうです。美味しいと評判です。

タイトルとURLをコピーしました