ずっと愛されているブランド・ルイヴィトン

ルイヴィトン

ルイヴィトン有名ブランドのルイヴィトン(LOUIS VUITTON)は、1821年に生まれました。そのブランド名は、創業者である「ルイヴィトン氏」の名前です。
彼は、フランスのスーツケース職人の元で修業をしていました。そしてその後の1854年に、旅行カバンの専門店を作りました。旅行カバンを専門とする専門店は、世界で初めてだったそうです。

それから現代まで、数多くのデザインの商品を生み出してきました。デザインの中でも特に有名なモノグラムというデザインは、1901年にモノグラムのカバンという形で登場しました。ロゴと花柄を混ぜた模様であるモノグラムを見たら、あんまりブランド品に詳しくない人でも、すぐにルイヴィトンだとわかるでしょう。

息の長いブランド

ルイヴィトンは、長期にわたって絶大な支持を得ている「ただ一つのブランド」と言って良いでしょう。ファッションアイテムは、とても移り変わりが激しいです。なので100年以上にわたって支持されているファッション・ブランドは、ほとんどないと言われています。

しかしルイヴィトンは、なんと1800年代から現在まで存在し続けているブランドです。老舗のブランドは多数あります。ですが、こんなに長く存在しているブランドは稀と言えます。
1800年代といったら、ファッションの流行や時代背景そして社会常識も、現代とは大きく違います。その時その時の時代においてブランドの価値を維持しつつ、今日まで生き残っている事は「かなりの驚き」と言えます。

実際のところ、1800年代の中頃にはすでに名声を得ており、1800年代の後半には「さらに高い評価」を得ていました。
その後の1900年代の前半には、事業を拡大して世界的なブランドに成長しました。例えばアメリカにおいても、大きな支持を得るようになりました。
ちなみに日本では、1980年代になってルイヴィトンの店舗が登場しました。日本においても高級ブランドの代名詞として、多くの人たちから愛用されるブランドとなりました。

どんなファッションにも合うデザイン

ルイヴィトンはバッグを販売するブランドとして、王族や貴族から愛用されていました。現在では、バッグの他にも服やアクセサリーのデザインを行なって、幅広く展開しています。
定番のブランドと言えば、他にもたくさんあります。その中でも、デザインが豊富にあることがルイヴィトンの魅力と言えます。

ルイヴィトンの中でも定番のデザインと言えば、モノグラムになります。このモノグラムは、コピー商品が広がることを防止するために作られた、と言われています。世界的にも、一番有名なデザインと言えます。ルイヴィトンと言えば、最初に「このデザイン」を思い浮かべる人が多いでしょう。

基本的にルイヴィトンの商品は、どのデザインもシンプルと言えます。なので、どんなファッションにも合うと思います。

最高品質

ルイヴィトンの品質は最高であり、贅沢に素材を使っています。よって一度購入すれば、長く使えます。アフターサービスもしっかりしていて、傷などにも対応してくれます。

もしもご自身でお手入れするなら、正しい方法で行なうようにしましょう。
例えば、ルイヴィトンの皮革部分を手入れする場合は、スムースレザー用のクリームを使ったら良い、という意見があります。「皮革部分の汚れ」を落として、布にクリームを付けて、皮革部分に塗っていく事になります。そうする事で「汚れ」から皮革部分を保護できて、皮革に栄養を与える事もできます。
ただし自己流の「お手入れ」は、間違っている可能性もあります。自信のない方はアフターサービスを利用するほうが良い、と思います。

愛されているブランド

ルイヴィトンは、世界中の人たちから愛されている定番のブランドです。男性・女性はもちろんのこと、若い人から年配の方まで愛用者がいます。
例えばルイヴィトンのバッグは、女性たちにとても人気があります。デザインは豊富であり、仕事で使える物からプライベートで使える物まで揃っています。毎日、頑張っている人の中には、自分への「ご褒美」として、ルイヴィトンのバッグを買う人もいるそうです。

以上の事よりルイヴィトンと言えば、やはりバッグのイメージが強いと思います。ですがバック以外にも、様々なアイテムを取り扱っています。どのアイテムも素敵であり、魅力ある物です。ぜひ一度手に取ってください。