低カロリーな舞茸でダイエットしましょう

健康食品・舞茸

まいたけ舞茸(まいたけ)という「きのこ」は、健康に良い食材です
実は舞茸は昔、幻の「きのこ」と呼ばれていました。ですが人工栽培が可能になってからは、一般的な食材となり、手軽に手に入る物になりました。
健康面では血行を良くしてくれるので、「むくみ」や「冷え性」の解消を期待できます。

舞茸の栄養は、主にビタミンB1・B2・D、ミネラル、食物繊維などです。
舞茸は、脂質の代謝を促すビタミンをたくさん含んでいます。そしてビタミンDを多く含んでいます。このビタミンDは、カルシウムやリンの「吸収率を高める働き」がある栄養素です。
さらに食物繊維もあるので、ダイエットに良い食材と言われています。食物繊維が適度に腸を刺激して、老廃物の排出を促進してくれるからです。

舞茸を始め、きのこ類にはグルカンという多糖類が含まれています。このグルカンは免疫機能を高めて、ガン細胞の増殖を抑える効果があります。よってガンの予防に役立つ成分だと、期待されています。
ちなみに舞茸には、他の「きのこ」よりもグルカンが多く含まれているそうです。健康維持を考えると、舞茸を食事に取り入れる事は「おすすめ」と言えます。

そして舞茸は、どんな料理にも使える食材と言われています。実際、舞茸を活用したレシピが多数あります。食べ方としては、煮物や汁物、天ぷら、洋食などがあります。食生活を「より良くしたい」と思っているなら、舞茸を使った料理を作ってみましょう。

舞茸は、冷凍保存できます。小房に分けて冷凍しておけば、約1ヶ月くらい持ちます。使用する際は、自然解凍してください。
生の舞茸については、3日から4日で使い切ると良いです。

注目のダイエット食材・舞茸

最近ではダイエット食材として、舞茸が注目を集めています。口コミで、舞茸ダイエットの話題が広がっているそうです。

舞茸は、低カロリーな「きのこ」です。なので舞茸を食材として利用すると、食事全体のカロリーを抑えられます。より低カロリーな食事にする事において、舞茸は「とても役に立つ」と言えます。

さらに舞茸は、ビタミンB2やカリウムが豊富です。ビタミンB2は、脂質や糖質を「エネルギーに変える働き」をします。カリウムは、「高血圧の予防」や「むくみの解消」に効果を期待できます。

なので舞茸は、

ダイエットや生活習慣病の予防に「とても適している」

と言えます。

豊富な食物繊維

舞茸は、生活習慣病の予防にも「とても有効な食材」と言えます。食物繊維を豊富に含んでいるからです。

食物繊維は、糖の吸収を緩やかにしたり、便秘を解消したり、コレステロールを排出して動脈硬化を予防したりするのに、役立つ物です。

そして食物繊維は「腹持ち」が良くて、消化が遅いです。なので、満腹感を得やすくなります。
食物繊維を多く含んだ食品を先に食べることで、食欲をコントロールできて、過食を防げます。肉や魚よりも、先に「きのこ類」や「野菜」を食べましょう。きのこ類・野菜類は、食物繊維を含んでいるからです。

舞茸の調理法

舞茸で良い物と言えば、全体の形が整っていて、「かさ」にハリのある物が良いと言われています。そんな舞茸なら、きっと美味しいと思います。

舞茸の調理法としては、「天ぷら」や「煮物・鍋物・汁物」など、色々とあります。
舞茸に含まれているグルカンという多糖類は、水溶性の成分です。なので、「天ぷら」などの汁の出ない調理法が良いでしょう。
または、味噌汁など、スープで飲める調理法も良いと思います。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム