炭水化物中毒の改善を目指す、低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットとは、アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。
炭水化物の摂取量を制限することで血糖値をコントロールして、減量や体質改善を目指すダイエットとなります。低脂質ダイエットと比べると、体に与える負担が少ないダイエット方法と言えます。

なお、このダイエットは、炭水化物中毒の人のためのダイエットです。まずは自分が炭水化物の中毒症状を持っているか?たくさんの「ご飯」や「パン」などをいつも食べているか?について、調べる事から始めてください。

やり方

炭水化物の量を減らすことよりも、炭水化物を取る回数を減らすことを大切にします。

炭水化物を取る食事を、1日1回と制限します。

そして、その食事に掛ける時間を1時間以内にすることで、ダイエットの成功を目指します。

ダイエット中では、カロリーの計算をしません。自分の体調に合わせて、自然にカロリーの摂取を減らします。

このダイエットでは、「低炭水化物メニュー」と「ご褒美食」を組み合わせることで、炭水化物に対する欲求を減らします。この炭水化物への欲求を減らすことで、減量と体重の維持ができます。
なお「ご褒美食」では、好きな食べ物を食べて良いです。

ちなみに低炭水化物ダイエットでは、脂質やタンパク質などを摂取してもいいそうです。
例えば「お米」や「ラーメン」「うどん」などの「めん類」が好きな人は多い、と思います。なので炭水化物を「一切食べてはいけない」というのは、なかなか難しいです。

実際に炭水化物を自由に取れないと、その反動で大量に動物性の食品を食べてしまう可能性があります。そうなると、「生活習慣病を招く恐れ」があると言われています。
先程の「ご褒美食」を活用するなどして、上手に炭水化物への欲求を減らすことが必要です。

危険性

低炭水化物ダイエットは、短期間で体重を減らす効果はあるようです。ですが健康の面を考慮すると、危険性が高い方法とも言えます。

低炭水化物を控えめにする(食べ過ぎない)ダイエットなので、それほど危険はないだろうと思ったりします。しかし、

ご飯やパン・めん類を「全く食べない」という低炭水化物ダイエットは、危険と言えます。

そうすることにより、体内に貯蓄された皮下脂肪を消費させて、体重を減らす訳ですが、この方法は「あまり安全な方法」と言えないようです。自己流で行なう場合は、特に注意が必要です。

炭水化物を取らないでいると、糖質を減らすという効果はあります。しかし糖質は、実は脳にとって必要不可欠な栄養素の一つです。
むやみに糖質を減らしてしまうと、脳にダメージを与えてしまいます。偏頭痛を起こす人もいるそうです。

このように安全面で問題が起きやすい事が指摘されています。やはりバランスが取れた食事で、健康的にダイエットするほうが安全です。

炭水化物・ラーメンの食べ方

美味いラーメン

ところで、ダイエット中ではラーメンを我慢している人が多いと思います。
でもラーメン好きの人にとって、それはとてもストレスが溜まることだと思います。

そんな人のために、ラーメンを食べる際に、少しでもダイエットの効果を上げる「ラーメンの食べ方」を、ご紹介したいと思います。

ラーメンについてはツルツルと吸って、あまり噛まずに食べてしまいがちです。
その食べ方が、満腹感を充分に得られない原因となり、すぐに「お腹」が減ってしまいます。そして、さらに何かを食べてしまっては、「カロリーの取り過ぎ」になります。

満腹感を充分に得るためには、よく噛んで食べる事が必要です。
ラーメンを「よく噛んで食べる食事」にするには、トッピングする具を工夫して、なかなか飲み込めないようにしましょう。

野菜から栄養補給

野菜や海藻などの低カロリーな食材を加えることで、咀嚼の回数を増やして、さらに必要な栄養素もしっかり補えます。
おすすめの野菜は「わかめ」や「レタス」「もやし」です。 これらは調理がとても簡単で、しかも低カロリーな上にカルシウムが豊富です。ラーメンにそれらを加えるだけで、よく噛んで食べられるようになります。

以上のようにトッピングを工夫しても良いのですが、一緒に食べる料理で栄養を補うのも良いでしょう。
ラーメンには動物性タンパク質が、具とスープの中に多く含まれています。よって一緒に食べる料理には、たっぷりの野菜や植物性のタンパク質を多く使った、低カロリーの食事にしましょう。

ラーメンの主な栄養は炭水化物ですが、ビタミンやミネラルなどはあまり含まれていません。なのでラーメンを食べる際は、そのような不足した栄養を補う必要があります。