目の老化予防に繋がるルテイン

目を老化させる活性酸素

加齢にともなって、目も老化してゆきます。老化の症状としては、水晶体が濁ることで起きる白内障や、視野の中央部分が見えづらくなる黄斑変性症などがあります。

目は必要以上の光を受けると、

活性酸素が発生することで老化を進めてしまいます。

毎日の生活でたくさんの光を目に受けるなら、サングラスを着用するなどしましょう。紫外線(UV)などの光刺激から、目を守るためです。紫外線は、白内障の原因の一つとも言われています。出来るだけ、目をガードしましょう。

活性酸素から目を守る抗酸化物質

瞳加齢が原因で目が疲れやすくなる、と言われています。加齢によって、活性酸素から体を守りきれなくなるためです。 
そのような「目の疲れ」を解消したいなら、抗酸化物質を体内に取り入れると良いです。なぜなら、活性酸素から目を守れるからです。

抗酸化物質には、「活性酸素が発生することを阻止する働き」があります。抗酸化作用を期待できる栄養には、カロテンやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEなどがあります。

よく知られている抗酸化物質の一つに、アントシアニンがあります。ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種です。赤紫色の色素であり、抗酸化物質です。活性酸素が発生するのを阻止してくれる、と言われています。

また、アントシアニンには、目の機能を改善したり視力を向上させてくれたり、という効果を期待できます。このことより、ブルーベリーは「目の疲れ」を取るのに良い、と言われているようです。

目の老化予防に繋がるルテイン

ルテインは、近年「目に良い」と言われている栄養素です。野菜に含まれているカロテノイドの一種です。このルテインには抗酸化作用がある、とされています。

ルテインは、目の網膜や水晶体、黄班部に多く存在している栄養です。

その強い抗酸化作用により、活性酸素を除去して目を保護します。
ルテインは、まるでサングラスと同じように「紫外線をブロックする働き」がある、と言われています。

さらに視力低下や失明を引き起こす黄班変性症の改善にも、ルテインは効果的という指摘があります。疲れ目だけでなくて、眼病の予防にも効果を期待されている栄養素です。そのため、ルテインを含んでいる食品を取ることは、目の老化を予防することに繋がると言えます。

視力という見る機能は、毎日体に取り入れている栄養に支えられている機能と言えます。視力と栄養は、あんまり関係がないと思いがちです。しかし実は、関係があると言えます。
ルテインという栄養素について言うと、有害な光を吸収したり、白内障などの眼病のリスクを低下させたりするのに効果的な栄養素と言えます。
なお、ルテインを毎日摂取することは、黄斑変性症や白内障になるリスクを軽減する、という研究結果もあるそうです。

食品から取りましょう

ルテインは、目の老化を予防することに有効である、と言われています。黄斑や網膜に働き掛けて、黄斑色素濃度を高めてくれます。

ホウレンソウ

ホウレンソウ

ルテインは「ブロッコリー」や「ほうれん草」、「リーフレタス」や「芽キャベツ」という野菜に含まれています。体内では作れない成分です。なので、食品から積極的に取りたい成分と言えます。
でも、だからといって、ブロッコリーばかり食べるという偏った食事はダメです。目だけでなくて体全体の健康を考えて、食事の栄養バランスを考えましょう。

ルテインを含むサプリ

野菜不足の人を対象にしたサプリの中に、ルテインを含んだ物があります。このようなサプリは、健康に対する意識の高い人たちに受け入れられています。

ちなみにルテインが体内から減少する原因としては、加齢やストレスが挙げられます。ストレスを感じた場合も減少してしまうそうです。なので、自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

食事で野菜を取り、ストレスをうまく解消しつつ、目の健康のために「ルテインのサプリ」を利用してください。目の老化を予防するのに、きっと繋がると思います。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム