色んな味や食感を楽しめるマカロン

突然ですが、あなたはコーヒーを飲んでいる時、どんな「お菓子」を食べていますか? 私は、チョコレートを食べていることが多いです。だけど最近、マカロンも「いいかも」と思いました。

先日フランス旅行のテレビ番組で、女性リポーターがオープンカフェでマカロンを食べている、という場面を見ました。実はそれまでは、マカロンに特に興味はありませんでした。だけど美味しそうだったので、興味が出てきました。そしてマカロンは、コーヒータイムにピッタリな洋菓子かも?と思い始めました。

そんなマカロンは、スイーツ市場においても人気の商品になっている、と聞きます。その見た目は、ピンクや緑というカワイイ色のスイーツです。
さらにデパ地下スイーツでも、人気があるようです。その売場には、カラフルで「お洒落なマカロン」が並んでいたりします。サクサクしっとりした生地であり、甘いクリームをたっぷりはさんだ「お菓子」です。

マカロンの商品では、ギフト用の詰め合わせ商品の人気が高いと聞きます。例えばショコラ(チョコ)、キャフェ(コーヒー)、シトロン(レモン)というマカロンが詰め合わされた商品です。その特長は、ジャムやチョコを独自のバタークリームではさみ込んでいる点です。とても「美味しそうな感じ」がします。ぜひ食べてみたいと思いました。

マカロンマカロンという「お菓子」は、種類の多い「お菓子」だと思います。種類としては、例えば「あんず」「オレンジ」「カシス」「バニラ」「ピスタチオ」「木いちご」「塩キャラメル」などがあります。
その食感にも種類があります。常温では、サクサクした食感です。冷やした物は、モチモチで「ねっとり感」のある食感となります。
こんな風に色んな味や食感を楽しめるマカロンを、ぜひティータイムで食べたいです。

ちなみに「お菓子作り」が上手な方なら、マカロンを自分で作れるそうです。「自分で入れたコーヒー」と「自分で作ったマカロン」があったら、おやつタイムを楽しく演出できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました