Windowsとよく比較されるMacintosh

パソコン用OSの種類はいくつかありますが、一般ユーザーにとってはMacintoshやWindowsなどが知られているでしょう。

MacintoshとWindowsは、オペレーティングシステムとしてよく比較されてきました。
大まかな違いとして、

Macintoshはクリエイティブな仕事をしている人が使うパソコン用OSと、言われていました。

Windowsについては、オフィス系の仕事で利用されているパソコン用OSなどと言われていました。

実際のところ、Macintoshのパソコンは音楽デザインイラストの創作に最適なパソコンと言えます。一昔前では、それらを創作するためのソフトはMacintosh版だけでした。
ちなみに現在では、Macintosh版だけだったクリエイティブ系のソフトの多くは、Windowsでも使用できるようになりました。

MacOS近年では、MacintoshとWindowsにおいては、使えるソフトの差が無くなってきました。だけどクリエイターの中には、パソコン本体の「デザインの良さ」や「リンゴのマークが可愛い」という理由で、Macintoshパソコンを使っている方もいるそうです。

実際のところ、Macintoshのノートパソコンのほうがデザインが良いと思っている人は多いです。「見た目の良さ」では、Macintoshのノートパソコンのほうが評価は高いです。そういう事もあって、例えばテレビドラマでは、Macintoshのノートパソコンを使用している場面を良く見かけるという事です。

デザイン系の仕事では、Macユーザーを優遇している所も見られます。Macintoshは、クリエイターの感性を心地良く刺激するデジタルアイテムと言えるようです。

Windowsと互換性なし

なお、この二つのOSの間には、互換性は「ほとんどない」と言えます。なので、両方のOSで使用できるソフトの数は、まだまだ少ないという指摘があります。

一昔前では、パソコン関係の新しいソフトが登場するたびに、Macユーザーは待たされることが多かったです。新規のアプリケーションは、どうしてもWindows OS用から開発される事が多かったです。なのでMacユーザーは、Mac版のソフトが出るまで待たされてしまう事がありました。

しかし多くのソフトは、その後Macintoshにも対応してくれました。よって、そんなにがっかりする場面はなかったようです。そして近年では、ウェブ経由のサービス提供が普及しています。ウェブサービスでは、「OSの違い」はそれほど問題にならないと言えます。

例えば金融のウェブサービスについて言うと、多くのネット証券会社では、Macパソコンのブラウザにも対応しています。なのでネット証券を利用するためだけに、Windows環境を準備する必要はありません。
デザイン業務などの創作系の作業が似合っているMacパソコンですが、もちろん資産運用で活用しても良いです。

古いバージョンのOSに注意

MacintoshでもWindowsでも、OSにはいくつかのバージョンがあります。家電量販店などで最新のパソコンを買う場合は、OSも最新のバージョンがインストールされています。
しかし中古のパソコンを買う場合は、OSが古い場合があります。一つ前のバージョンのOSが搭載されたパソコンだったりします。

パソコンに詳しい方で、とにかく安い中古パソコンを選びたいという「こだわり」を持っているなら、古いOSのパソコンでも良いと思います。
ですが一般的には、最新のOSのほうが良いと言えます。セキュリティ対策や周辺機器の対応状況などを見ると、やはり最新のOSのほうが優先的にサポートされているからです。
中古のパソコンを買う際は、OSのバージョンに気をつけてください。

根強いファンが多いMac

なお、どちらのOSが良いかどうかは、個人差があるでしょう。ご自身にとって、使いやすいほうを選ぶと良いです。何なら、両方のOSを使っても良いです。

Macユーザーは、Windowsユーザーに比べて少数派と言えます。だけど根強いファンがいます。よってこれからも、Macは注目され続けると思います。



タイトルとURLをコピーしました