アクセスのテーブルデータを、エクセルのデータに変換するマクロ

アクセスのマクロ「エクセル変換」

データベース

データベース・イメージ画像

アクセスのマクロ「エクセル変換」という機能を使って、アクセスで作成したテーブルのデータを、エクセルのデータに変換できます。

「#N/Aエラー」が起きた場合

この時、エクセルシート側で関数を使っていると、「#N/Aエラー」とセル上に表示される場合があります(例えばVLOOKUPやSUMIFを使って、集計表を作成している場合など)。

この場合ではエクセルが、「変換された数字データ」を「文字列」として認識している可能性があります。関数が数値のデータとして取り扱えないので、エラーとなった可能性があります。

数値データなら、エクセルでは「右詰め」で表示されます。もしもアクセスからの変換データが「左詰め」で表示されているなら、文字列になっています(書式設定が「標準」の場合)。
データの表示位置を確認してみましょう。

文字列となってしまった数値は、数値扱いにして貼り付け直す必要があるでしょう。
貼り付けという操作が面倒な時は、エクセルの「VALUE関数」を使って処理することもできます。

数字が文字列扱いになったことで関数が認識できず、エラーが発生ということは、よく起きるようです。書式を確認して数値に修正して、関数の動作を再確認してみましょう。

データベースとして使うなら「ふりがな」を用意

もしもエクセルをデータベースのように使う場合は、「ふりがな」というデータがあるほうが良いでしょう。「ふりがな」を指定してデータを検索できたら、便利な場合が多いからです。

「ふりがな」の機能として、「ふりがなを振る」「PHONETIC関数を使って、ふりがなを取得する」などの機能があります。

しかし注意する点として、「ふりがな」は、エクセル上で行なわれた「入力の読み」を保持しているだけ、という点です。つまり、読み(ふりがな)の情報がない場合、「ふりがな」は画面上に表示されません。

例えばエクセル上にCSVファイルをインポートして使用する場合、読みの情報が保持されていない状態でインポートされます。
よって「ふりがな」のツール「メニュー[書式]→[ふりがな]→[表示/非表示]」を実行しても、「ふりがな」は表示されません。

「ふりがな」を振るマクロ

このような場合には、マクロの「PHONETIC関数」を使って、「ふりがな」を振るようにしましょう。
マクロの例。

Sub Phonetic-Furigana()
  Selection.SetPhonetic
  Selection.Phonetics.Visible = True
End Sub

上記のようなマクロを「ふりがな」を振りたいセルに対して実行すれば、「ふりがな」を取得できます。

ただし、漢字の読み方は複数通りあります。なので、期待しているものとは違う「ふりがな」が振られる場合もあるでしょう。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム