魔法少女シリーズなどを制作した、株式会社ぴえろ

ピエロ

ピエロのイメージ画像

株式会社ぴえろ」とは、アニメーションの企画や制作、版権管理を主な事業とする企業です。
1977年に、アニメーターの「布川ゆうじ」さんが「ときたひろこ」さんたちと共に、演出家のグループとして発足しました。

「ぴえろ」は「みつばちマーヤの冒険」などを手掛けた後、「ニルスのふしぎな旅」の制作のために、1979年アニメ制作スタジオとなりました。最初は「ニルスのふしぎな旅」のためだけのスタジオだったそうです。しかしそれ以降も、テレビシリーズを制作しました。

1981年から放送された「うる星やつら」が、大人気作品となりました。

そして1983年に始まる「ぴえろ魔法少女シリーズ」で、「ぴえろ」というブランドがよく知られるようになりました。
その同じ年に、世界初のオリジナル・ビデオアニメと言われている「ダロス」を制作しました。

1987年に「きまぐれオレンジロード」を制作して、1992年に「幽☆遊☆白書」を制作しました。この「幽☆遊☆白書」の成功を「きっかけ」に、以後も数多くの週刊少年ジャンプ原作のアニメを制作する事になりました。

2002年「株式会社スタジオぴえろ」と「株式会社ぴえろプロジェクト」を合併して、「株式会社ぴえろ」に商号を変更しました。

2004年には、制作ブランド名として「studioぴえろ」という名称を使っています。

多数の作品を制作している、大手のアニメーション・スタジオであると言えます。

有名な作品

「ぴえろ」の近年の代表作には、「ブリーチ」などがあります。過去の作品には「うる星やつら」など、多くの人が知っているアニメが揃っています。そしてOVAや劇場版アニメについても、有名な作品が多くあります。

ちなみにテレビ・シリーズの代表作としては、次の作品があります。
「ニルスのふしぎな旅」「スプーンおばさん」「あんみつ姫」
「のらくろクン」「おそ松くん」「天才バカボンシリーズ」
「ノンタンといっしょ」「海がきこえる」「とっても!ラッキーマン」
「ふしぎ遊戯」「赤ちゃんと僕」「CLAMP学園探偵団」
「烈火の炎」「GTO」「バーバパパ世界をまわる」
「妖しのセレス」「学校の怪談」「西遊記シリーズ」
「こげぱん」「ヒカルの碁」「東京ミュウミュウ」
「探偵学園Q」「シュガシュガルーン」
などが、あります。