人にとって必要不可欠な事・化粧

化粧の歴史

お化粧の歴史は、かなり古いです。有史以前から現在まで「ずっと続いている」と言われています。人間と化粧は、切っても切れない関係と言えます。

古くは宗教儀式などに用いられて、身近な変身道具として利用されてきました。有名な物では、エジプト時代のクレオパトラやツタンカーメン像があるでしょう。
ちなみに宗教儀式では化粧するだけでなくて、踊ったり音楽を演奏したりします。例えば東南アジアの舞踊や音楽は、「祭り」や「宗教儀礼」と関係が深いと言えます。踊り手は色鮮やかな衣装をまとい、「躍動的な身振り」と「豊かな表情」で私たちを踊りの世界に引き込みます。
化粧と舞踊と音楽は、密接な関係があるようです。

20世紀に入って合成染料・合成香料・顔料など様々な材料が発達したことで、近代のメイクは急速に進化しました。

1909年にロシア・ロイヤルバレエ団の美容アドバイザーだった男性が、アメリカに渡りました。そしてハリウッドに演劇用品や化粧品の店を開きました。その後、ハリウッド映画の発展期に公式美容アドバイザーとして活躍して、作り出したメイクアップ製品は映画スターに愛用されました。
その男性とは、マックスファクター1世です。その名を冠した「マックスファクター(MAXFACTOR)」は、その後、世界の一流ブランドとして有名になりました。

現代では、デザイナーやクリエイターによるオリジナルの創造によって、様々な種類の化粧品が大量に作られています。そしてメイクは、ヘアやデザイン衣装とともにトータルファッションとして、ワールドワイドに発展を続けています。

多くの女性たちは「綺麗になりたい」「もっと肌のツヤがほしい」など、「美容についての悩み」を持っていると思います。
「美容に関する悩み」は、人それぞれ違っています。「様々な美容の悩み」を解決するために、メイクはこれからも発展を続けてゆくでしょう。

人にとって必要不可欠な「化粧をする事」

化粧する事装飾する事は、人にとって必要不可欠な事と言えます。ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、人の長い歴史において自分を美しく、そして魅力的に見せる事は生き延びる事に繋がっていました。
動物の世界では、自身を美しくて魅力的に見せる事が種の保存に繋がっています。同じような事が、人にも言えます。

化粧している女性とは言っても、現代ではファッション感覚で化粧する人も多数います。楽しみたいから、自分らしさを演出したいから、化粧するという人も多いと思います。

様々な目的で化粧するため、メイクの仕方は多様化しています。多様化しすぎて、どうメイクすればいいのか?よくわからないという人もいるでしょう。
少しずつで良いので、化粧品の事やメイクアップの方法を学んでみましょう。きっと自分にピッタリなメイクが見つかる、と思います。