食事を見直す「きっかけ」になる「弁当を作る事」

体調不良になりやすい栄養不足

仕事が忙しい時など、自分で料理するのは「なかなか難しい」です。しかしだからといって、コンビニ弁当や外食ばかりだと、栄養が偏ってしまうでしょう。
個人的な体験になりますが、昼食にカップ麺ばかり食べていた時期がありました。偶然かもしれませんが、体調がイマイチになり、疲れやすくて元気が出ないようになりました。その後、カップ麺ばかり食べていては健康に悪かったと反省して、和食などの「ご飯」を食べるようにしました。

特に「一人暮らし」では、毎日コンビニ弁当を食べているという人が多いかもしれません。ですが毎日コンビニ弁当では、栄養不足になるでしょう。気持ち的にも、毎日コンビニ弁当では味気ないです。

普段から健康に良い食事を取るためには、簡単なレシピを知っておくと良いです。もしも自分で作れる料理があれば、カップ麺ばかり食べてしまう事を防げると思うからです。

食事を見直す「きっかけ」になる「弁当を作る事」

ところで近年では男性の中にも、自分で弁当を作って職場に持ってきている人が増えているそうです。お昼に毎回外食すると、やはり「お金がかかる」と言えます。お弁当を自分で作って食べるほうが、食費が安く済むようです。

このように弁当を持参する人が増えた事より、「料理本の売れ行き」が良くなった、と聞きました。男性向けの料理本も登場しているようです。そして、男性向けの料理教室も人気だそうです。
また同じように、「弁当箱の売れ行き」も伸びていると聞いたりします。男性向けの弁当箱では、ビジネスバックに入れやすい縦長タイプの弁当箱や、たくさんの食材が入る大容量の弁当箱が登場しています。

偏食になりがちな現代の社会人にとっては、

自分で「弁当を作る事」は食事を見直す事に繋がる、と思います。

弁当を作る「きっかけ」は、食費を浮かすという経済的な理由だったかもしれません。だけど食事の栄養面においても、弁当を作る事は良い事だと思いました。

お弁当作りに役立つキッチン雑貨

お弁当を作る時、例えば100円ショップのキッチン雑貨はとても役に立ちます。
キッチン雑貨の例を言うと、ピンクや黄色のアルミのカップが多数揃っています。このアルミカップは、仕切りケースとして使えます。傷みやすい食材を他の食材と混ぜないようにするために、食材をカップの中に入れましょう。
また、小さな「しょう油入れケース」や「ドレッシングの入れ物」なども売っています。「食材」と「味付けのたれ」を分けて入れるのに、便利です。

「おにぎりの型抜き」もあります。それに「ご飯」を詰めるだけで、ウサギやワンちゃんの「おにぎり」を作れたりします。簡単に、ウインナーをタコさんの形にできる物もあったりします。これは、子供が喜ぶ「お弁当」を作るのに便利と言えます。

他にも「お弁当箱そのもの」や「お弁当を入れる袋」「水筒」なども揃っています。以上のキッチン雑貨が100円くらいで買えるのは、嬉しいし得した気分になれます。

食事を楽しくする弁当

弁当お弁当に関する話題で、たびたびキャラ弁の話題を聞きます。かわいい動物や人気のアニメキャラクターなどを、様々な食材で描きあげた弁当のことです。そんな弁当は、見ているだけでも楽しいし、「美味しさ」が伝わってきます。

キャラ弁に限らず、弁当という物は、食事を「ちょっと楽しくしてくれる物」だと思いました。普段の食事をちょっとだけ華やかにしたいと思ったら、ぜひ弁当を作ってみましょう。



タイトルとURLをコピーしました