邪気払いとして使用されていたマラカイト

マラカイト和名は孔雀石です。美しい縞模様がある緑色のパワーストーンです。その石の模様が孔雀の模様に似ていることより、この名前がつけられました。

マラカイトは、持ち主に降りかかる災難の身代わりになります。災難を未然に防いでくれる石であり、中世では、邪気払い・厄除けとして使用されていました。
なので、何かから守られたいという人にピッタリな石です。

なお、マラカイトは壊れやすいです。なので、取り扱いに注意が必要です。
浄化方法としては、月光浴、水晶での浄化が良いです。

パワーストーンが割れた場合

マラカイトに限らず、一般的にパワーストーンを落とすなどして割れてしまった場合、その後何か悪いことが起こるかも?と心配な気持ちになるかもしれません。しかし、特に気にすることはありません。
パワーストーンが、自分の身代わりになって割れたと思いましょう。そして、その石に対する感謝の気持ちを持ちつつ、処分しましょう。

もしもどうしても処分できないという人は、布などに包んで、そばに置いておくのも良いです。ただし、パワーストーンとしての力を期待できません。
処分する場合は、自然に戻してあげましょう。土に埋めたり、川に流したりすることが、石にとっても良い方法です。「今までありがとう」という感謝の気持ちを込めて、手放しましょう。

期待できる効果

言われている効果としては、邪気払い、厄除け、ストレスの緩和、精神の安定、安眠、直観力・洞察力の向上、視力回復があります。

マラカイトはヒーリングの効果が高い石、と言われています。不安定な精神を落ち着けてくれる作用を期待できます。身に付けていれば、きっとリラックスさせてくれるでしょう。

悪夢からも守ってくれる、と言われています。「お守り」として子供のベッドの近くに置けば、ぐっすり眠れると言われています。
大人でも、安眠を望む人は使ってみると良いでしょう。

そしてマラカイトは、目に対する効果が高いとされています。視力回復や眼病予防などに最適と言われています。
また、直感力・洞察力の向上も期待できます。これも目に関する作用と言えるでしょう。
古代エジプトでは、目元の化粧にマラカイトの粉末を使用していた、と言われています。化粧に対して美しい色を求めるだけではなくて、直観力・洞察力のパワーも求めたのではないか、と言われています。

第六感を刺激するとも、言われています。そのため、霊感や予知能力の向上を期待して、霊能者がマラカイトを愛用しているそうです。