実務知識を学べる、マーケティングの資格

マーケティングの定義

仕事中だけでなくて日常生活の雑談においても、マーケティングという言葉をよく聞きます。なんとなく意味がわかる言葉ですが、その定義はどのようなものでしょうか。

1990年に、日本マーケティング協会が発表したマーケティングの定義があります。

企業及び他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行なう市場創造のための総合的活動である。

マーケティングの資料ちょっと難しい表現になっていますが、単に「モノを売って売上アップを目指せ!」という意味ではないようです。
個人的には、顧客との相互理解を得ると言っている点が興味深かったです。消費者に対して一方的に商品を押し売りすることは、本来のマーケティングではない、と気づかせてくれたからです。

私が勝手に思っていたマーケティングとは、駄目な商品(売れない商品)でも、何とかして売り込むための手段だと思っていました。
ですが本来のマーケティングとは、健全な活動でした。企業そして消費者が心地良く「お買い物できる市場」を作り、その市場にて商売を行なう。そのような事を、マーケティング活動と言うようです。

マーケティング用語の例

ビジネスのマーケティングの話をしていると、聞き慣れない用語が登場したりします。例えば「生産財」という用語です。これはマーケティング用語なのですが、私生活では「まず聞かない言葉」でしょう。

生産財とは、おおまかに言うと、企業が商品を生産するために購入する「部品や原料の事」を言います。

例えば商品として靴を生産している企業の場合、靴の部品である皮やゴムが生産財に当ります。そして靴を作るのに利用する縫製の設備なども、生産財となります。企業が、商品生産目的に購入した「部品や設備機器の事」を、生産財と言います。

生産財をマーケティングにおいて取り扱う場合、その特徴に合わせてマーケティングすることになります。
まず購入者は企業なので、企業に対して直接営業できる体制を整えることになります。相手は一般消費者よりも、生産財に関して知識が豊かです。営業マンは、プロフェッショナルな知識が必要となるでしょう。職人たちを納得させるくらいの人物であると良い、と思います。

企業相手に生産財を販売することは大変かもしれません。しかし一度、取引相手として認められれば(信頼を得れば)、安定した販売を期待できると思います。生産財の需要は周期的にあるからです。一定の期間に「一定の売上」を見込める、という優良な取引先となるでしょう。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングの知識について、資格の勉強を通して学ぶこともできます。

2005年1月に、国際実務マーケティング協会が主催となって「マーケティング・ビジネス実務検定」という資格が、創設されました。近年注目されている、マーケティングの資格です。

この資格の特徴としては、実際の営業の仕事や販売の仕事に適した資格であるところです。
特定の職種にとらわれない、幅広い共通のマーケティング知識や、仕事に役立つ実務知識などを学べます。

試験は、マーケティング知識とマーケティング事例の2つに分類されて出題されます。A級・準A級・B級・C級という風に、分かれています。
最初は、C級の試験から実施されます。各自のレベルに応じた講座を学び、「一つずつレベルが上がっていく仕組み」となっています。
※試験の内容については、最新の情報をご確認ください。

今後、このようなマーケティングの資格は、日々仕事を行なっている社会人にとって身近な資格となるでしょう。そして、企業の発展に役立つ資格となってゆくでしょう。

受験については、個人で受験できます。企業や学校単位という団体でも受験できます。
企業においては、営業・販売職者の自己啓発支援などにおいて、活用されているそうです。学校においては、就職活動の支援として活用されています。