おおよその結婚時期を占える、結婚線の手相

結婚線から予想する、大まかな結婚時期

仲良しカップル女性の方たちは知っている人が多いと思いますが、「手相占い」において結婚線という手相があります。

この結婚線がある場所は、小指の付け根の下で、感情線という手相の上にある、短めの線のことです。
人によっては、長く伸びて他の線と繋がっていることもあるようです。

さて、結婚線の手相から結婚の時期を詳しく知ることは、やはり難しいようです。

結婚線が感情線側にあれば早い結婚になり、
小指側にあれば遅い結婚になる。

このくらいの「おおまかな時期」しか、わかりません。
なお、結婚線がない場合は、手相的には結婚しない事になります。

格子状

結婚線に縦の線が入っていて格子状になっている場合、結婚は「まだ先」と言えるそうです。ここで言う「まだ先」とは、大体の予想になります。

なお、このような格子状の結婚線になる時は、結婚したいパートナーに出会っていないか、自分は「まだ結婚しなくてもいい」と思っている時だそうです。

しかし結婚線とは、変わりやすい線です。縦線が薄くなったり消えて来たりすると、近々、結婚相手が見つかることになります。
もしもパートナーが見つかれば、この手相の縦の線は速やかに消えていくようです。

太く長い

おおまかにしか結婚時期を予想できない結婚線ですが、パートナーへの「愛情の大きさ」を表している、と言われています。

例えば太く長い場合には結婚に至ることが多い、とされています。そういう意味では、そのうち結婚するだろう、と予想できます。

一本もない場合

なお、結婚線は恋愛だけでなく、浮気などについても現れるようです。「結婚線の数」は、浮気を含む「恋愛の数」と言えるようです。

そう考えた場合、例えば結婚線が一本もない場合は、恋愛のチャンスがないということになります。恋愛がないということは結婚には至らない、よって結婚時期は遅いだろう、と予想できます。

「占い」を参考にして、結婚時期を期待通りにしましょう

繰り返しになりますが、結婚線とは、結婚の時期を表す線だと思われているようですが、そうではないです。

結婚線は、パートナーへの恋愛感情が最大になるということを意味しているようです。
その結婚線が長く太い線であったら、恋愛が成就する可能性が強まり、最終的に結婚するというパターンが多いようです。

しかし例え結婚線が太くて「しっかりした線」でも、必ず結婚に至るという訳ではありません。人生の伴侶を持つ運を表して真剣な愛情ならば、婚姻しない同棲や不倫の場合もありえます。

結婚線が立派な線ならば、恋愛から結婚に至る可能性は「かなり高い」と言えます。しかし、その結婚が幸せな事かどうかは、結婚線の形状によって意味は変わってきます。

結婚は二人でする事なので、パートナーの結婚線によっても変わってきます。よりハッキリした線が、優先されます。

二人の行動・状況によっても、手相はどんどん変わります。それが良い方向にもなるし、逆に悪い方向にもなります。
悪い暗示を示す手相になって来た場合は、良くなるように努力することが必要になって来ます。
良い事を示す手相の場合は、それで安心してしまわずに、その良い状態を保てるように、引き続き努力が必要です。

手相は、変えることができます。夫婦が「お互い」に努力すれば、手相も夫婦生活も良い方向に変えられる、と思います。

ある日突然、結婚という可能性

ところで最近では、結婚する年齢が上がって来ています。そんな状況でも未婚の女性は、結婚に憧れている人は多いように思えます。

年齢が上がって来ているとは言え、20代も後半になってくれば結婚を意識してしまうでしょう。
私自身も「結婚に憧れ」はありましたが、家事や料理を練習することもなく、結婚して落ち着くタイプではありませんでした。ですが「ある日突然」、結婚となりました。

結婚前の自分と今の自分を比べても、正反対とは言えませんが、ずいぶん変わったように思います。独身当時、手相を見たことがなかったですが、気にして見ていれば結婚の時期を推測できたかもしれません。または、手相が変わって来ていることに、気づいたかもしれないです。

手相は、その人の行動によっても変わっていきます。ご自身が結婚したいと願い、相手を探す努力を始めた時には、手相は変わってゆくでしょう。
また、自然に結婚したい相手と出会うことができた場合にも、手相は変わってゆくと思います。

占い
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム