将来の浮気を占う「結婚線・浮気の相」

結婚線「浮気の相」

「手相占い」で、結婚線という線があります。結婚線とは、小指の根本と感情線の間にある手相のことです。おおまかな結婚の時期や結婚についての運勢などがわかる、とされています。

この結婚線は、いくつかの意味を表しています。例えば、離婚の手相や別居の手相など、悪い事を示す手相もたくさんあります。
ここでは浮気の手相について、ご紹介します。

結婚線の先端の上下どちらかに、結婚線と並行した短い線があれば、浮気の手相を示します。

浮気している男性

結婚線の上側にあれば、結婚後に愛人ができたり浮気をしてしまったり、2号さんを持つこととなるようです。

結婚線の下側にある場合は、結婚前に付き合っていた元恋人と結婚後にも付き合い続けることを示しています。

どちらとも、その線の濃淡や存在感によって、愛人や浮気相手への「愛情の大きさ」を示すようです。
もちろん目立つほうが、愛人や浮気相手への「愛情が大きい」ということになるでしょう。

手相は心の鏡と言われています。この手相が自分にある場合は、そうならないように努力をすれば手相も変わってゆきます。良くも悪くも自分次第と言えます。

相手の心を繋ぎ止めましょう

ところで、この手相がパートナーにある場合は注意が必要かもしれません。
愛人を作られたり浮気をされたりしないように、相手を繋ぎ止めておいてください。
しかし単に繋ぎ止めるだけではいけません。監視するだけでは、相手の心が余計に離れてしまう可能性があります。

心が離れていかないようにする方法は、人それぞれだとは思います。でも相手にとって最も良い方法を実行できた時に、愛人や浮気などを心配する必要がない、とても良い夫婦になれると思います。
パートナーを良くするも悪くするも、占いの結果ではなくて、あなた次第と言えるでしょう。

結婚線「別居の相」

結婚線の形状によっては、結婚時期だけではなく、様々な意味を含みます。
その中に別居の手相という、なんとも悲しい手相があります。
どんな手相を、別居の相というのでしょうか?

結婚線の先端が二本に分かれている場合、別居の相を示します。

別居に至る理由は、様々あると思います。ですが、どうあっても最終的には別居することとなります。

理由は、仕事による事なのか、夫婦仲の不仲による事なのか、他の理由が存在するためなのかは、別の手相を見て判断しなければなりません。しかし最後は別居する、ということになります。
例え夫婦が一緒に住んでいても、「お互いの気持ち」が離れてしまっている場合も、別居の意味を示します。

相手をいたわりましょう

近年では、別居や離婚が多くなってきています。もしも自分の手相やパートナーの手相が「このような手相」をしていた場合は、ちょっと注意が必要です。

しかし「お互いの努力次第」で、良い方向に変えていくこともできます。そして手相を変えることもできます。

今一度、相手を「いたわる」ということを思い出してみてください。
自分がされたら嫌な事・言われたら嫌な事を、自分がやっていませんか?

そして些細な事でも、二人で会話するという事が大切です。例えば今日、楽しかった事などを、気楽に話し合ってみてください。そうすれば、きっと手相も良くなると思います。

不倫や三角関係を示す結婚線

ここでは結婚線の上下にある平行線について、お話したいと思います。結婚線の上下に薄く並行した線、結婚線よりも薄くて見えにくい線についてです。

これは、上だけにある場合と下だけにある場合、そして上下両方にある場合があるようです。
こういう場合は、結婚線は恋愛を意味するものではなく、結婚そのものを意味します。
なので何本も結婚線がある場合は、その中で一番目立つ結婚線に並行しているかどうかを見ます。

この並行線は不倫や三角関係を表す線と、言われています。

並行線が結婚線の上にあるなら、結婚後の三角関係となり、不倫になります。

並行線が結婚線の下にあるなら、結婚前の三角関係を示します。この場合、異性のほうに配偶者がいて不倫という形になるようです。

浮気の恐れ

本人が意思を強く持って自粛しない限り、必ずと言っていいほど浮気をしてしまうでしょう。そして、それは一夜限りの浮気ではなくて、本気になってしまい、長い間、交際を続けることになってしまう場合が多いようです。

並行線が結婚線の上下にある場合は、結婚前も結婚後も不倫しているという可能性があります。なので、かなり深刻な浮気性と言えるでしょう。

私事になりますが自分や自分のパートナーに、このような結婚線があるか?ちょっと気になりました。
そして確認したところ、私の手相にありました。しかも上下に、平行線が見られました。
ですが不倫などをした事はないので、違う手相なのかもしれません。

二股の結婚線

今まで浮気や別居の相についてお話してきましたが、色々な障害に遭うため、なかなか結婚に至らないという相もあります。ここではそのような相を意味する二股の結婚線について、お話したいと思います。

ところで一言で二股と言っても、わかりづらいと思います。ここで言う二股の結婚線とは、結婚線の始まりの部分が二股になっている場合のことを、言います。

最後には結婚できます

この結婚線が表す運勢は、恋愛をしている時期に色々な障害に遭い、なかなか結婚に至らないというパターンになります。
しかしその障害は、パートナーとの努力の末に必ず乗り越えられるとされています。そしていずれは、結婚できるという事になります。

結婚前には多数の事情により、離れて暮らすことにもなりかねません。しかし最後には結婚できるので、希望を持って立ち向かいましょう。

もしも自分に「このような結婚線」があった場合は、どんなに苦しい立場になっても、幸せな未来に向かってパートナーと協力し合いましょう。
愛を大事に育てながら、ねばり強く時期を待つことが大切です。決して焦ってはいけません。

手相からは、どんな妨害が生じるかは、わかりません。
他の結婚線によっても変わりますが、浮気なのか、家族の反対なのか、経済的な理由なのかは、わかりません。どんな妨害の場合でも、とにかく待つことです。

手相は変わりやすい物です。パートナーと協力すれば、きっと良い手相に変わると思います。

占い
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム