高校受験の数学対策

高校受験の数学対策

数学例えば、高校受験を控えた中学3年生の段階で「やる事」は、2年生までの復習と言えます。
中学1年生と中学2年生の数学は、ほとんど基本的なものです。なので、数学が得意な人なら苦にならないと思います。
しかし苦手な人にとっては、そうも行きません。ここでは数学が苦手な人に対して、復習のための勉強方法をご紹介したいと思います。

数学で大事なのは、数式を覚える事ではありません。問題を解く事です。
数学の勉強では、覚える(暗記する)という作業感覚でやっていても、なかなか頭には入って来ないでしょう。

しかし、取り敢えず問題を解いてみる事で、
「ここは、どうしてこうなるんだろう?」
という疑問が湧いてきます。

それが、数学の上達で大切な点です。
「何で?」と思ったら、すぐに調べる。その「繰り返し」で、覚えていきます。
そうやって覚えていけば、確実に身についてきます。

反復というだけでなくて、自分が疑問に思って、自分で調べるという行動が、記憶をしっかりしたものにしてくれます。その行動を習慣になるまで繰り返して、さらに自分に合う勉強方法を確立すれば、数式も覚えられるでしょう。

たくさんの問題を解く事

高校受験まで1年以内という段階で行なうべき数学の勉強方法は、ひたすら問題を解くことです。

高校受験に出る数学の問題は、ほとんどが基礎的な問題です。意地悪な問題は、難関中学でもない限りは出題されないでしょう。
よって、問題集や教科書の例題にあるような問題を解いて行くだけで、充分な試験対策となります。

しかし、ただ問題を解くだけではダメです。解こうと試みて、解けなかった場合の対処法が重要です。

数学の問題は、全てが理論的です。解く方法が、何通りかある問題もあります。でも、そんなに多くありません。
ほとんどの問題は、決められた解き方があります。なので解けなかった場合は、すぐに「答え」を見て良いです。ムキになって考え続けることは、受験勉強では、それほど役立つことにはなりません。

数学に対しては、思考能力が問われる分野と思われがちです。ですが、少なくとも高校受験の範囲の数学に関しては、記憶力が効果を発揮します。

例題を解き、
自分がどの問題を間違えたのか、
その問題の正解はどうなのか、
ノートにそれぞれ書きましょう。
そうする事で間違えた事を覚える、正解を覚える、そして徐々に知識として蓄えることができます。
実は間違えた事を覚える事が、数学の最も有効な勉強方法です。そこから正しい解き方が、見えてきます。

問題を解く事で得られるのは、記憶だけではありません。「数学の楽しさ」を、少しずつ実感できます。
あと、同じような問題を繰り返すよりは、一通り授業の流れに沿った問題を解いたほうが良いでしょう。飽きずに、勉強できるからです。

その中で、解けなかった問題をチェックして、その正解をノートに記す。そして、他の問題を解いていく、という勉強方法が有効です。
そうしていけば、何度もやっていく内に解ける問題が増えてゆくでしょう。

ケアレスミスと図形に、気をつける事

高校受験における数学試験で、一番気をつけることは「ケアレスミスと図形」です。これらについては、しっかりした勉強方法を確立して、その勉強方法を実行しても、うまく解決できないことがあります。

まずケアレスミス(凡ミス)については、これは高校受験という緊張する状況では、少なからずやってしまう事です。
これをなくすには、模擬試験をたくさん受けるなど、緊張する状況に慣れておくことです。しかし、それで全てのミスをなくせる訳ではありません。そこで、よく言われている「見直し」が重要になってきます。

「見直し」という作業は、二つの条件が必要です。
一つは、全ての問題を解き終わる時間が、試験時間よりも、かなり早めであることです。これは、日頃から問題をたくさん解いておくという勉強方法で、身に付きます。
もう一つは、見直すポイントを熟知していることです。これは、自分の間違った箇所をノートに記すという勉強方法が、役に立ちます。
自分が「どこを間違えやすいか」という傾向を予め掴んでおけば、そこを優先的に見直せるでしょう。

次に、図形についてです。中学数学で一番厄介なのは、「相似と比」「三平方の定理の証明」です。
これらの問題では、図形を用います。この図形を使った問題は、応用問題が多く見受けられ、ここが数学嫌いを生む、主な原因の一つになっています。

これらの問題に関しては、実際のところ、センスが問われる部分があります。
もちろん、例題をある程度解いていれば対応力は上がります。
しかし、相似条件を知っているだけではなくて、その相似条件を「どこで適用するか」など、応用力が問われる問題になると、本番の試験で上手く解けず、頭が真っ白になってしまいがちです。

そこで、図形の問題を最後に解くという「やり方」を検討してください。ここで言う最後とは、他の問題を終えて、見直しまで終わった後です。
そうする事で、ある程度ゆとりを持った状態で図形の問題に挑戦できます。そういった戦略も、高校受験では必要だと思います。

繰り返し問題を解きましょう

高校受験を控えた状態で、最も得意・不得意が現れる科目が数学かもしれません。中学の段階では、数学は、英語以上に嫌がられているようです。
もしも理系を目指す学生なら、数学に苦手意識を持っている事はないでしょう。ですが文系の学生では、数式を見るだけで「何だか気分が落ち込んでしまう」というくらい苦手な人がいるようです。

ですが高校受験では、数学を捨てる、諦める、という選択肢はありません。ここで点数を取れないと、合計の点数で大変に不利な状況になります。

苦手意識は、克服できるものです。まずは、勉強方法をしっかりと確立しましょう。そして苦手でも、繰り返して数学の問題を解くことで、少しずつ理解できるようになるでしょう。
諦めずに、数学の勉強をしてください。

※この記事は2008年当時の記事になります。

タイトルとURLをコピーしました