マニキュアの本来の意味

爪の手入れ・マニキュア

爪の「お手入れ」のことを、一般的にネイルケアと言います。しかしこの言い方は、「爪」の Nail と「手入れ」の Cure を合わせた和製英語です。

ネイティブの欧米人たちは、「爪の手入れ」の事をマニキュア(manicure)と言っています。
これは、ラテン語から来ています。manus(手を意味する)と cura(手入れを意味する)から、作られた言葉です。本来のマニキュアは「手の手入れ全般」を意味する言葉でした。

しかしネイルと聞くと、マニキュアを思い浮かべることが多いでしょう。日本で使われているマニキュアは、ネイルカラーと同じような意味で使われています。

塗料のマニキュア・ポリッシュ

ネイルアートで用いられる「塗料のマニキュア」の正確な呼び方は、ポリッシュと言います。
ちなみに現在のような塗料としてのマニキュアは、アメリカで出来ました。1920年代の自動車塗装用のラッカーが、その元と言えます。

そういうことより、製造の方法や原料について、ほとんど同じです。合成樹脂(アクリルなど)を着色して、有機溶剤を混ぜた物です。原料を工夫することで、ラメ入りの物、光沢がある物などが製造されています。

マニキュア

このボリッシュの保管方法では、

  • ボトルの口を拭いておく事
  • 直射日光に当てない事

がポイントとなります。

ボリッシュを使い終えたら、除光液を浸したコットンでボトルの口をしっかりと拭きましょう。ボトルの中身がドロドロになってしまうのを、防ぐためです。
中身がボトルの口に付いていると、空気が、その部分からボトル内に入って来てしまいます。ドロドロになったポリッシュは、綺麗に塗れません。

あと保管の際は、直射日光が当らない場所で保管しましょう。
保管の仕方が悪い場合、ボリッシュは本来の色ではなくなってしまいます。美しいネイルカラーで「おしゃれする」ためにも、しっかりと保管しましょう。