パワーストーンのブレスレットを、左腕に付ける意味

腕に付ける意味

パワーストーンのブレスレットパワーストーンには不思議な効果がある、と言われています。そして風水アイテムとしても、人気のアイテムになっています。

そんなパワーストーンのアイテムの中でも、ブレスレットは多くの人が身に付けている物です。
そのブレスレットですが、どちらの腕に付けたら良いでしょうか。

右腕

右腕は、放出になります。エネルギーを放出させるという意味です。
例えば大事な決め事や試験がある時に、エネルギーを発揮できるように右手に付けると良いでしょう。

左腕

左腕は、エネルギーを受ける腕です。

普段では、左腕にパワーストーンを付けることが一般的です。

良い気をもらえる場所に行った時、良い気をもらえる物に触れた時には、左腕から良い気を吸い込むようにイメージすると良いでしょう。

パワーストーンを付ける腕には、以上のような意味があります。覚えておきましょう。

身に付ける場所と効果

パワーストーンは、身に付ける場所によって効果が強くなります。
例えばブレスレットとして身に付けると、

パワーストーンのエネルギーを吸収して、マイナスのエネルギーを放出するというパワーが強くなる

と言われています。これは、「手首」や「手のひら」に気の入り口があるため、ということです。

また、各パワーストーンは、対応するチャクラの位置が違います。それぞれの石に合う場所に身に付けると、さらにパワーの向上を感じられるかもしれません。
例えば、ヒーリング効果がある石で喉に対して効果が高い物の場合、ネックレスを短めに付けてみましょう。パワーストーンが喉元の位置に来れば、より効果を実感できるかもしれません。

身に付ける他にも、例えば安眠の効果があるパワーストーンの場合、枕の下に置いても良いでしょう。仕事の効率を上げたい場合、デスクの上に置いてみましょう。
目的によって、付ける位置や置き場所を色々と試してみると良いでしょう。

石が紛失した意味

ところで、パワーストーンのブレスレットが切れてしまい、石がどこかに行って見つからなくなってしまうことがあります。
それは石との相性が悪い、石の役目が終わったなど、自分にとって「その石が必要なくなったこと」を意味しているそうです。

効果がある事・ない事をあまり気にせずに、アクセサリーとしてパワーストーンを身に付けてみましょう。知らないうちに気づいたら運気がアップしていた(お金が増えていた)なんて事が、起きるかもしれません。

パワーストーンを清めてから身に付けましょう

パワーストーンのブレスレットやネックレスを購入して、それをすぐに身に付ける人がいるかもしれません。

実は、パワーストーンを購入した場合、それをすぐに身に付けてはいけません。
その石の力を最大限に引き出すためには、その石を「清める(浄化する)」必要があります。
アクセサリーを始め、天然石の塊を飾っておく場合でも、飾る前に清めたほうが良いです。



タイトルとURLをコピーしました