肌荒れ対策を期待できるビタミン栄養素

肌荒れ対策

肌荒れ対策として、以下のような事があります。

  • 洗顔料については、刺激の少ない物を使用します。
  • 化粧水についても、保湿性の高い物を選びます。
  • 睡眠をしっかり取ります。
  • 水分をしっかり補給します。
  • 部屋の湿度が、50%から60%になるように加湿します。

肌荒れ改善の栄養素・ビタミン

ビタミンを含む食べ物

「肌荒れ」の改善に役立つ栄養素の一つに、ビタミンがあります。
ビタミンの多くは、体内で生成されません。なので、食品から取る必要があります。

ビタミンの種類はたくさんあり、その「働き」も多様です。それぞれの「ビタミンの働き」を理解して、バランス良く摂取することが大切です。
例えばビタミンBが不足すると、「肌荒れ」の原因になります。ビタミンCが不足すると、肌を保護する機能が低下します。

なお、食事においては、脂の多い物や糖分が多い物、香辛料が強い物という食べ物を取り過ぎると、「ニキビ」ができたり「肌荒れ」が起きたりします。

肌に悪い「糖分や脂肪」の取り過ぎ

肌に悪い食べ物の一つとして、お菓子やジュースが挙げられます。甘い物大好きな女子にとっては、ちょっとがっかりだと思います。
お菓子やジュース、インスタント食品という加工食品には、糖分や脂肪が多く含まれている、と言われています。よって、肌に悪い食べ物だろうと言われています。ですが「おやつ」として食べるくらいなら、特に問題はないでしょう。お菓子ばかりを食べていると肌に悪いと、お考えください。

ビタミンA

皮膚、粘膜の機能を維持する効果を期待できます。

肌の健康に必要なビタミンB

ビタミンBが不足すると、皮膚の組織が悪化して肌荒れしやすくなります。

ビタミンBは肌や髪、粘膜などを健康に保つために、欠かせない栄養素です。

そして「疲労回復」に欠かせない栄養素、「脳の働き」にも欠かせない栄養素と言えます。神経疲労の軽減に役立ち、もしも不足すると食欲不振になります。

ビタミンB2

「皮膚や爪、髪の健康を保つ働き」があります。欠乏すると、広角炎・舌炎・口唇炎、脂漏性皮膚炎の原因になります。
ビタミンB2を多く含む食品には、「うなぎ」「強化米」「焼き海苔」「レバー」などがあります。

ビタミンB6

皮膚・髪・歯を作るのに必須の栄養です。タンパク質の代謝に関与するビタミンです。成長促進、脂質代謝、ヘモグロビンの合成にも関与しています。
このビタミンB6は、「ウナギ」「玄米」「バナナ」「レバー」「豆類」「さつまいも」などに含まれています。

乾燥肌にはビタミンA・B・E

乾燥肌の人にとって、ビタミンは「とても大切な栄養成分」と言えます。中でもビタミンA・B・Eは、欠かせない栄養成分です。

  • ビタミンA:「お肌の潤い」を保ちます。「新陳代謝を正常にする働き」があります。
  • ビタミンB:「新陳代謝の働き」を活発にします。「炎症を抑える働き」もあります。
  • ビタミンE:血液の循環を良くすることより、「肌に潤いを与える働き」があります。

ビタミンC

コラーゲンの合成に役立ちます。血管・皮膚・粘膜・骨の強化にも役立つ栄養です。

ビタミンE

ビタミンEは、肌荒れ対策の効果を期待できる物の一つです。その効能は、ホルモンの分泌を円滑にします。血行が良くなり、肌の「しみ」などの「肌荒れ」を防止します。保温効果により、冷え性も防止してくれます。
普段でもビタミンEが不足すると、「しみ」が出来やすくなるそうです。皮膚の抵抗力が低くなる、ということです。

食べ物では、「アーモンド」「落花生」「抹茶」「マヨネーズ」「ひまわり油」「豚のレバー」などに含まれています。

ビタミンを取りましょう

スキンケアでは保湿成分を含んだ化粧品を使うことや、しっかりと睡眠することなどが大切と言われています。同様に、どんな食べ物を食べるかということも大切です。なぜなら食生活の乱れにより、「肌荒れ」が起こることがあるからです。

ビタミン豊富な食品を食べることは、乾燥肌などの「肌荒れ」の改善に繋がります。皮膚の状態を整えるためには、ビタミンやミネラルをきちんと摂取する必要があります。
肌対策の他にも、例えばバストアップするために、ビタミンやミネラルがとても重要と聞きます。バストアップのサプリメントには、ビタミンやミネラルが含まれていることが多いです。

以上のようにビタミンは、健康や美容に良い栄養です。なので普段から、食事で摂取したいです。
バランスが良い食事を取るようにしましょう。そして暴飲暴食を避けます。一つの食材に偏ってはいけません。野菜や果物を始め、色々な食材をバランス良く食べてください。例えばインスタント食品ばかり食べることは、注意が必要です。
食事では、肌荒れ対策の効果を期待できるビタミンをしっかり取ることが大事です。