デジタル機器で目を酷使、現代人が知っておく疲れ目対策

コミュニケーション・ツールによる「目の疲れ」

目が「しょぼしょぼ」している男性スマートフォンやパソコンを使ったメールやメッセージ機能は、現代人には必要不可欠なコミュニケーション・ツールとなっています。
電話は耳と口を使いますが、メールやメッセージは目と指を酷使します。

特にスマートフォンは常に身近にあって、どんな場所にいても使えます。よって暗い部屋やベッドの中でも、メールやメッセージのチェックをしている人が多いかもしれません。

このようなシチュエーションでは、スマートフォンの画面と目の距離が近くなります。なので

目の筋肉が緊張して、疲れ目を起こしやすくなっています。

「目の疲れ」は、「肩こり」や「頭痛」などの全身的な症状の原因となります。
目の健康のため、そして全身の健康のために、疲れ目の予防対策を行ないましょう。

VDT症候群

近年、社会のIT化が進むにつれてVDT(Visual Display Terminal)症候群と呼ばれる病気が目立って来ています。
VDTとはスマートフォンやパソコン、テレビゲーム機などの表示機器の事です。現代社会では、いたるところに存在しています。

VDT症候群とは、長時間にわたってVDTを見続けて作業することで、目や体そして心に症状が現れる病気の事です。別の言い方で、テクノストレス眼症と呼ばれたりします。

パソコンなどの表示機器を長時間見つめて作業している人は、目に関する症状が多く見られます。疲れ目や目がかすむ事を始め、目が痛んだり視力が低下したりという症状も見られます。目の症状に限らず、「めまい」や「吐き気」を起こすこともあるそうです。

このVDT症候群を防ぐためには、まずは休憩を取ることです。適度に目を休ませる事が大事です。

眼科でのVDT症候群の治療では、点眼薬や飲み薬が処方されたりします。または、VDT対策用のメガネが処方されることもあるようです。

疲れ目対策

今までに「目の疲れ」や「目の痛み」を経験したことのある人は、たくさんいると思います。
室内から外に出た時、目がしょぼしょぼした、視線を動かしたら景色がかすんで見えたなど、はっきりとした「目の痛み」はないけれど、そのような「目の違和感」を感じたことがあるかもしれません。
これらは、「目の筋肉が緊張している」「目が乾いている」という状態を示している、と考えられます。

以下に、疲れ目を予防するために出来る事を、ご紹介したいと思います。

下向きの視線

視線を、「やや下向き」にしましょう。
スマートフォンやパソコンの画面、テレビや本などを見る時は、視線が「やや下向き」になるようにします。そうすると、目の筋肉に余計な緊張を与えません。

明るい部屋

明るい部屋で、スマートフォンやパソコン、テレビの画面を見ましょう。

暗い部屋でスマートフォンを操作したりテレビを見たりすると、周囲よりも画面のほうが明るくなります。この時、画面の光が強い刺激となって目に入ってしまいます。

目に余計な負担を掛けないためにも、部屋を明るくして見てください。テレビゲームなども、明るい部屋でするようにしましょう。

このように少し気をつければ、目への負担を軽減できるでしょう。

「目の疲れ」を緩和させるサプリメント

サプリメントの中には、「目の疲れ」を緩和させる物があります。

ドライアイや眼精疲労の症状がしばらく続いている人には、マルチカロチンが良いでしょう。
天然のマルチカロチンには、ベータカロチンが含まれています。これは「目に良い」とされているビタミンAと、「同様の働き」があります。

また、疲れ目や目の疾患に効果があるルテインも、含まれています。ルテインを摂取すると、視力が良くなると言われています。
ルテインは、果物や緑黄色野菜に含まれています。それらの中でもハーブの一種であるマリーゴールドに、豊富に含まれています。例えば、マリーゴールドティーが市販されています。このような食品からも、ルテインを摂取できます。