充実感ある医療関係の仕事・医療クラーク

とても忙しい看護師さん

病気や怪我などで通院や入院した時に、看護師さんのお世話になります。子供の頃に、看護師さんがテキパキと働く姿を見て、「私も看護婦さんになりたい」と憧れた人もいるでしょう。

看護師は、看護(ケア)のプロであり、その業務は多忙を極めています。病院や診療所で働く場合、患者の検温・血圧測定・薬の管理・健康診断など、仕事の内容はとても広い範囲にわたっています。

最近では、看護師の需要は病院や診療所に限らず、社会福祉施設などの福祉の分野からも増加しています。社会福祉施設で働く場合、施設利用者の年齢や状態など一人ひとりの身体状況や目的によって、看護の内容が変わってきます。看護は、臨機応変な対応と柔軟な姿勢が求められる仕事と言えます。

医療クラーク

病院で患者さんをケアする方々と言ったら、「看護師さん」や「医師たち」が思い浮かびます。他には、医療クラーク(病棟クラーク)と言われる人たちもいます。

医療クラークの仕事の内容は、患者さんの「入退院の手続き」や「食事の手配」という事務的なことを始め、検査や手術のスケジュール管理など様々な仕事があります。患者さんと、医師や看護師との間に入って、様々な対応を行なう仕事になります。よって医療クラークの方は、忙しい医師や看護師をサポートする人と言えます。

外来クラーク業務

通常、総合病院のような大きな病院の場合、医療の業務については、役割が分担されているようです。

例えば大きな病院での医療事務の仕事は、他の病院の受付とは違うそうです。外来クラーク業務と呼ばれているそうです。医師や看護師たちが治療に専念できるように、患者さんを案内したり、カルテの引き継ぎなどを行なったりします。

総合病院では、一つの検査を行なう場合、違う診療科に患者さんを案内する必要があります。総合病院に実際に行った事がある人ならわかると思いますが、病院が大きすぎて、最初にどこに行って何をしてもらえば良いのか、よくわかりません。そんな患者さんを支援してくれるのが、外来クラーク業務を行なっている医療事務の方々です。

なお、病院の規模によって、医療事務の仕事の内容は違うと言えます。
大きな病院では患者数が多いので、仕事をこなすスピードが求められるでしょう。
小さな診療所では、ありとあらゆる仕事をすることになるので、オールマイティな能力が求められると思います。

「やりがい」のある仕事です

医療事務員医療クラークになるには、資格は不要です(2007年当時)。しかし実際のところ、医療事務関連の資格を持っている方や医療スタッフとして勤務経験のある方が、望まれているそうです。
専門学校によってはクラーク・コースが設置されていて、クラーク業務に関する医療事務の知識や、患者さんと接する際に必要な心理学などを学べるそうです。

医療クラークは、あまり聞きなれない職業名かもしれません。ですが、とても「やりがいを感じられる仕事」だと言われています。医療業界の仕事に興味のある方は、選択肢の一つになると思います。
総合病院に限らず、医療事務の仕事では、現場の状況に対応できる「気配り」が必要だと思います。よって、精神的に大変な仕事かもしれません。だけどその分、「やりがい」も感じられるでしょう。