女性にとってツラい病気・更年期障害

更年期障害の症状

更年期障害に悩む中年女性加齢とともに起こる病気として、更年期障害という病名をよく聞きます。
女性の方の中には、「疲労感」や「のぼせ」「イライラしたり」などの不快症状で悩んでいる方が多い、と聞きます。これらは更年期障害の症状と言えます。
40代から50代にかけての女性は、じわじわと老化していくことへの不安があったり、女性ホルモンのバランスが変わっていたりするので、不安定な年代と言えます。

更年期障害に見られる症状の一つに、「冷え性」や「ほてり」という症状があります。これは自分自身の体温をコントロールできない、という症状です。
特に「冷え性」は、日常生活を送る際に厄介な症状と言えます。症状が軽めなら、マッサージしてもらったりすることで結構改善できるそうです。しかし重度の「冷え性」の場合は、夏場でも手先が冷たく感じられて、かなりの苦痛となるようです。

更年期障害による「冷え性」や「ほてり」という症状は、ホルモンバランスが崩れて自律神経が失調することで起きるようです。こうなると季節に関係なく、いつでも体が冷えたり、ほてったりします。
このような体温の変調は、更年期障害においてよく見られる症状です。もしもあまりにもツラい場合は、かかりつけの医師に相談してみると良いです。

その他の更年期障害による症状の一つに、体の一部分が急にかゆくなるという症状があるそうです。更年期障害によってホルモンバランスが崩れて、肌が外部からの刺激に敏感になってしまうのが原因のようです。
肌がかゆいと、日常生活を快適に過ごせません。かゆみを我慢できない場合は、皮膚科に行きましょう

症状の軽減を期待できる「お茶」

更年期障害は、特に女性にとってツラい病気と言われています。この病気の症状の軽減に、お茶が役立つ可能性があります。
更年期障害の症状の軽減を期待できる「お茶」として、よもぎ茶やザクロ茶、紅花茶やハブ茶などがあります。

また、「どくだみ」は、更年期障害の民間療法でも知られています。
陰干しした「どくだみ」を約15g、乾燥させた「よもぎ」を約5g用意します。
これらを合わせて、600mlの水に入れます。そして半分の量になるまで煮詰めます。
以上で出来上がりです。これを一日あたり3回に分けて飲みます。

これらの「お茶」は、更年期障害の症状を軽減できるかもしれません。「いいな」と思ったら、飲んでください。

植物のマカ

更年期障害に効果があると言われている植物があります。それはマカです。アブラナ科の植物であり、その根にはカルシウムや鉄分、アミノ酸などの栄養成分がたくさんあるそうです。
ペルーのアンデス地方で栽培されている植物です。なので日本では、あんまり「馴染み」がないかもしれません。こちらも「いいかもしれない」と思ったら、ぜひ食べてください。

治療しましょう

更年期障害では自律神経が乱れてしまい、憂鬱な気分になったりして、一人で悩み込んでしまう女性の方もいるそうです。更年期障害の軽減を願って病院に行っても、病院によっては真摯に対応してもらえず、大雑把な治療で済まされてしまうこともあったそうです。

「疲労感」や「ほてり」「イライラ気分」なんて、大した病気ではない。そう思う方もいるでしょう。だけど本人にとっては、「深刻な悩み」になっていると思います。
更年期障害で悩んでいる女性は、苦しんでいる自分を理解してほしいと願っているでしょう。専門医の指導の下、家族や周りの人たちの理解とともに、更年期障害を克服してほしいと思いました。