自宅で検診できる、メタボリックシンドロームの検診キット

メタボ健診

特定健診・特定保健指導という健康診断が、2008年度より開始されました。国民の健康を守るため、医療費を削減するために、このような健康診断が導入されたと言えます。

この健康診断では、問診や身体計測、血圧や血液検査、尿検査などが行なわれます。この検診はメタボ健診とも呼ばれている事より、メタボリックシンドロームの該当者を見つけて、それらの人々の生活改善を図るために健康面からの指導を行ないます。

ちなみに

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満のことを言い、体の中に内臓脂肪が過剰に溜まっていることを示しています。

過剰に内臓脂肪が溜まった人は、高血圧や高血糖などの状態になっていると判断されます。

中年太りなどで「お腹がポッコリしている人」にとっては、このような健康診断は嫌な事かもしれません。ですが自分の健康をこれ以上悪化させないためにも、定期的に健診を受けるようにしましょう。
(「個人的な悩み」になりますが、毎年、少しずつ「お腹」が出てきています。若い頃に使っていたベルトでは「長さ」が足りず、困っています。そろそろ本気で肥満対策が必要だと思い始めています……)。

本来は代謝異常症候群

ところでメタボリックシンドロームのメタボリックとは、元々は代謝を意味するメタボリズムの事を言っていました。
今では、代謝異常や代謝障害という意味を持つようになりました。そこにシンドローム(症候群)が加わる事で、代謝異常症候群となりました。

以上より、メタボリックシンドロームとは、代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態の事を指しています。

総合的な健康診断

健康診断において、体型に関するアドバイスを遠慮したいという人がいます。その理由は、例え太っていても「そこそこ健康」なら問題ないと思うから、自分は大柄で太っている体型が好きだから、などの理由があるそうです。
確かに世の中には、太っていても健康な方がいます。健康診断はその名の通り、健康かどうかを判断するものです。なので体型に関する指摘は、人によっては的外れになっているかもしれません。

ただし本来の健康診断は、総合的に健康を判断するものです。例えばメタボリックシンドロームの検診では、腹囲だけが基準値を超えていても、保健指導の対象とはなりません。

血圧や血糖値、コレステロール値やBMIの基準値も合わせて、健康であるかそうでないかを判断する、となっています。

もしも腹囲の数値だけを見て不健康であると注意してくる医師がいたら、ちょっと要注意です。ポッコリお腹だけでは、不健康であると判断できないはずだからです。そのような判断については医師側の意図を知り、お互い話し合う必要があると思います。とにかく、腹囲の数値が異常というだけで不健康という事はありません。

自分で腹囲を測定

健康診断では、「お腹周り」を測定されます。ちょっと太めの人は、ウエストサイズを測られるのは嫌だと思うかもしれません。私は毎年、ちょっと嫌だと思っています。

腹囲の測定については、定期的に自分で測定すると良いかもしれません。ちょっと太った時、このままでは「やばいかも?」と危機感を持つ「きっかけ」になるからです。
自分で腹囲を測定する場合は、布製のメジャーを使って空腹時に測定するようにします。測定する際の姿勢は、両足を揃えて立ち、リラックスしてください。
腹囲を測る位置は、「おへそ」の高さです。その高さで水平に計測します。
計測するタイミングは、息を吐いたタイミングで測ると良いでしょう。

ちょっと色々と細かいことを言いましたが、だいたい正確に測れたら「それで良い」と思います。計測を続けるように頑張ってみてください。ご自身の腹囲の変化を知ることで、メタボリック症候群などの予防に繋がると思います。

自宅でメタボ検診できる検診キット

近年、生活習慣病を気にする方が増えていると聞きます。その理由の一つは、メタボ検診の義務化でしょう。この義務化よって、メタボという言葉が一気に広がりました。

一般的にメタボ検診は、公的な検診で行ないます。ですが別の方法でも、メタボ健診を行なえます。例えば

メタボリックシンドローム用の検診キットを利用する、という方法です。

血液検査この検診キットは、自宅で自分で血液検査を行なえるキットとなります。

血液検査と聞いたら、医者でもない一般の人が行なうと「危険な感じ」がします。ですがとても安全に、そして簡単に検査できるキットになります。
ランセットと呼ばれる針が出る器具を使って、指に小さい傷をつけて、そこから採血することになります。とても簡単に、わずかな血液を採血できるそうです。

メタボかどうかの診断は、その採血した血液を検査センターに郵送して調べてもらうことになります。専門家に血液を診断してもらうので、診断結果はとても参考になるでしょう。
このような検診キットは、公的なメタボ健診を受ける前に自分の体の状態がどんな状態か知りたい方に、好評と聞きました。関心のある方は、利用を検討してみると良いでしょう。