食事によって改善できる、メタボリック症候群

予備軍が多いメタボリック症候群

食べ過ぎな男性メタボリック症候群は、「内臓脂肪型肥満」と「高血圧・高血糖・高脂血症」のいずれかを合併させた状態のことです。危険な病気と言えます。

普段から気をつけていれば、予防できます。しかし自覚症状がないので、多くの日本人がメタボリック症候群になっていると思われます。その予備軍も多いでしょう。

普段では「体型の良し悪し」に気を取られがちですが、体の中を健康にすることは大切です。
もしも細胞が若返ると、それは臓器を形成している細胞も若返るということです。つまり、「内臓の働き」も良くなるという訳です。そして「内臓の働き」が良くなると、内臓脂肪が燃焼されます。

ですが「内臓の働き」が悪いなどの理由で内臓に脂肪がつくと、

コレステロールが高くなったり、中性脂肪が増えて血液がドロドロになったりします。

これらは、様々な病気を引き起こす原因となります。

見た目には太っているように見えなくても、内臓に脂肪がついている人、いわゆる「隠れ肥満の人」が増えてきていると言われています。

一番の原因・過食

メタボリック症候群は、何が原因で発症するのでしょうか。
一番の原因は、過食です。
内臓脂肪が増えること、血圧や血糖値が上がること、全て食事が大きな要因となります。

許容摂取量よりも多くの食事を取ることは、脂肪が増える、血圧や血糖値が増える大きな原因と言えます。

特に、何度も間食を取ることは危険です。ポテトチップスなど油を多く含んでいる食品については、適量にしましょう。過剰に摂取すると、メタボリック症候群の原因となってしまいます。

ジャンクフードの食べ過ぎ

食の欧米化が進み、慢性的な運動不足となっている現代社会は、肥満体質になりやすい環境と言えるでしょう。
そのため、メタボリック症候群が社会問題となりました。そういう状況を受けて、メタボ健診が義務化されて、メタボ対策が数多く登場しました。

ちなみに、

体に悪い食べ物は、ジャンクフードやスナック菓子です(特に「食べ過ぎ」の場合)。

これらを過剰に摂取する事で、悪質な脂肪が溜まります。そうなると、腹囲やコレステロールの値が、平均値よりも大きい値になってしまう原因になります。
ジャンクフードは、確かに美味しいです。だけど、決して食べ過ぎないように注意しましょう。

食事によって改善できます

メタボ健診の意義は、生活を改善して心身を健康にする事と言えます。心身を健康な状態にする際に、特に重要な事は食生活を改善することです。

メタボ健診で検査する項目は、食事によって「その値をコントロールできるもの」です。

メタボリック症候群や生活習慣病の大きな原因は、食事の不摂生にある

と言われています。
メタボ健診を受ける際、そして受けた後において、どのように食生活を改善してゆくか、とても重要なことです。ぜひ食事内容を見直してください。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム