パソコンが普及した「きっかけ」の一つ・マイクロソフトのWindows OS

Windowsを発売したマイクロソフト社

WindowsOS

マイクロソフト社は、1975年に米国で設立されました。1981年に法人化されて、1986年には株式が公開されました。

1990年に、現在のパソコン用オペレーティングシステムの基礎とも言える「マイクロソフトWindows3.0」が発売されました。

そして1995年に、マイクロソフト社の名前が世界中に知られる「きっかけ」となった「マイクロソフトWindows95」が、世界で発売されました。
PCプラットフォーム、公衆ネットワークの統合、そしてインターネットの利用が始まりました。

その後も数年おきに、Windowsが発売されていきました。
マイクロソフト社は、コンピュータ業界のソフト開発やシステム開発において、世界一の企業となりました。

そしてマイクロソフト社はインターネット・ビジネスにも注目して、戦略を立てて実行してゆきます。その戦略の一つに、2009年にヤフーと提携しました。このような業務提携が、今後ユーザーに対してどのような影響があるか、わからない点もあります。ですが、今よりも「より良いインターネット環境」が作られることを期待したいです。

今後もマイクロソフト社の動向に、多くの人たちが注目するでしょう。
パソコンが、さらに使いやすい物になってゆくことが期待されています。

創業者ビル・ゲイツ

ところで、マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツさんは、数日間、眠ることなくプログラミングを行ない、Windowsを作り上げたと言われています。

ビル・ゲイツさんは、アスペルガー症候群だと言われています。アスペルガー症候群の人の中には、プログラマーなどのような仕事に就く人もいるそうです。

アスペルガー症候群の人は、自分が興味ある事に対して、とことん「こだわる」そうです。徹底的に調べ上げて、相当な知識を持つようになるそうです。そうすることにより、社会的に活躍した人がたくさんいます。

日本マイクロソフト社

マイクロソフト社の子会社は、世界の各地に存在しています。日本の東京にも、マイクロソフト株式会社が設立されています。
その事業内容としては、コンピュータのソフトウエアや、その関連製品の営業、マーケティングを行なっています。その他には、ユーザーの満足度アップのための活動も行なっています。

その基本的な考え方は、社員は、会社の方針の範囲内でユーザーの声を聞いて、業務に反映させるというものです。
例えばユーザーのニーズがあるライセンスについて、わかりやすくしたり、必要なものを簡単な方法で入手できるようにしたりしているそうです。これらの活動は、利用側から見ると大事だと思います。

マイクロソフト社の子会社である日本マイクロソフト社では、製品品質の改善を行なって日本品質の確立を目指しています。
インターネットなどを使う際に重要であるセキュリティ面についても、ユーザーが安心して利用できることを目指しています。
日本のユーザーにとって利用しやすい環境を提供するように、努力しています。

パソコンの普及を後押ししたOS

現代社会においてパソコンが普及した要因の一つとして、マイクロソフトがWindowsOSを作り上げた事が挙げられます。この「Windowsのおかげ」で、パソコンが世界的に普及したと言えるでしょう。

日本国内の会社で使用されているパソコンに入っているOSは、ほとんどがマイクロソフトのWindowsであると言えるでしょう。
もちろん、Windows以外のOSを使っている会社もたくさんあります。ですがデザイン関係など、独特な仕事をしている会社と言えるでしょう。
Windows以外のOSを使っていることが、悪いこと・風変わりなこと、という意味ではありません。今の日本ではWindowsのシェアが高いことより、多くの人たちがWindowsを使っていると言えます(2009年当時)。

そういう状況なのでイントラネットを導入する場合、サーバー用OSについても、マイクロソフトのWindowsを利用するほうが無難と言えるでしょう。
ただしイントラネットの構築と活用については、設計者や管理者のスキル次第と言えます。

参考:スマートフォン端末では、苦戦中?

当サイトのアクセス解析を見た限りでは、WindowsパソコンよりもiPhone端末やAndroid端末のほうがアクセス数は多いです。
ネット閲覧端末ではスマートフォン端末が多く利用されており、そのスマートフォンにおいてWindows OSは普及していません。よってスマートフォン端末では、Windows OSは苦戦しているようです(2016年当時)。

パソコン
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム