一人暮らし用の家電選び「おすすめ」は電子レンジ

「一人暮らし」の家電選び

「一人暮らし」を始める時には、いくつかの家電を揃える必要があります。
これから毎日使う物なので、自分にピッタリな使いやすい家電を選びたいです。
以下に三つの家電について、一人暮らし用の家電を選ぶポイントをご紹介したいと思います。

電子レンジ

電子レンジについては、「大きさ」に注目しましょう。
例えばコンビニで買ってきた「お弁当」を温める場合に、電子レンジが小さすぎると「お弁当の箱」が入らない場合があります。

あと、ターンテーブル方式よりも、そのままの状態で温められる電子レンジのほうが「おすすめ」です。
機能としては、レンジとオーブンの機能があれば充分でしょう。

冷蔵庫

冷蔵庫については、自炊をするかしないかによって、「大きさ」を検討する必要があります。
自炊をする人は、375Lを目安に大きいサイズを購入すると良いでしょう。

そして「一人暮らし」で、どれだけ冷凍庫を使うかもポイントです。
また、「冷凍庫の部分の大きさ」も検討しましょう。

洗濯機

洗濯機については、乾燥機能の有無がポイントとなります。
乾燥機能があると、外に干したくないという人にとっては、とても便利です。「花粉の季節」や「外の空気の汚れ」が気になるため、外に干したくない人は、乾燥機能が付いている洗濯機を選びましょう。
また、「外に下着を干すのが怖い」という女性にも「おすすめ」です。

あと、「洗濯機の大きさ」も念のために確認しましょう。「一人暮らし」なら、シングル用の物で大丈夫だと思います。

その他の家電についても、必要になってくると思います。家電を選ぶ際は、自分の生活スタイルに合うか?使いやすいか?、よく考えて選びましょう。

必需品と言える電子レンジ

電子レンジ「一人暮らし」をする人の中には、「電子レンジ」は料理を温めるだけの家電だと思っている人が、多いかもしれません。

ところが最近の電子レンジは、ただ温めるだけではなくて、ご飯を炊いたり、焼いたり茹でたり、煮たり揚げたりできる物もあります。

このような電子レンジを上手に使いこなす事で、毎日の食事を「より豊かな食事」にできるでしょう。

例えば茹でる機能がある電子レンジを使えば、温野菜を茹でられます。しかもレンジで野菜を加熱すると、お湯で茹でた時よりも栄養を多く摂取できるそうです。

また、電子レンジを使って、「パスタ」や「そうめん」を茹でたりもできます(専用の容器を使う必要があります)。
これらの容器では、一人分だけを作れます。なので「一人暮らし」の人にとっては、かなり便利だと思います。

一昔前と違って、電子レンジの種類も増えた気がしています。私がイメージしている電子レンジは、温めるだけの単機能レンジでした。ですが今では、「唐揚げ」や「ピザ」も調理できるスチーム・オーブンレンジと言われる物もあるそうです。

石がま風オーブンレンジと言われている、従来よりも多くの遠赤外線が発生して、まるで石窯のように食材を「外側はカリッ」と「中はふんわり」と仕上げるオーブンレンジもあるそうです。

体験談:学生時代とても役に立った電子レンジ

私は、大学生時代に「一人暮らし」をしていました。その当時、とても「お世話になった家電」がありました。それは電子レンジです。私は学生向けのアパートに住んでいたのですが、アパートの住人が共同で利用できる大きな電子レンジが用意されていました。

当時の私は料理が全く出来なくて、食事は外食またはインスタント食品で済ませていました。インスタントのカレーライスやスパゲッティなどを作る際、電子レンジを何度も利用しました。大げさに言えば「電子レンジのおかげ」で、学生時代を生き延びて来られたと言ってもいいかもしれません。

一人暮らしに「おすすめの家電」

そんな「一人暮らし」の経験があるため、「一人暮らし」に必須の家電と言ったら、やはり電子レンジを「おすすめ」したいです。料理が苦手な人はもちろん、料理が得意な人にとっても、電子レンジは役に立つ調理家電だと思うからです。

最近ではコンビニに行けば、電子レンジで調理する事を前提とした食品が多数揃っています。以前に、電子レンジで調理可能なハンバーグ食品を見かけたのですが、まるで洋食屋さんのハンバーグみたいで、とても美味しそうでした。

とりあえず電子レンジがあれば、「一人暮らし」でも食生活を豊かなものにできると思いました。そして電子レンジを使いこなす事で、外食の回数を減らせて食費を節約できるかもしれない、と思いました。

現在、私は「一人暮らし」ではありませんが、休日で時間がある時、電子レンジで料理してみようなんて思ったりしています。
いま「一人暮らし」の方は、ぜひ電子レンジを活用して料理を作ってみましょう。