機動新世紀ガンダムX

アルファベットのX「機動新世紀ガンダムX」の物語について、お話したいと思います。

第7次宇宙戦争が起こり、この時の旧地球連邦軍の「切り札」として、モビルスーツが開発されます。それがガンダムXです。ガンダムタイプの1機と言えます。

このガンダムXは、宇宙革命軍の「コロニー落とし」という作戦を防ぐために、実戦に投入されます。しかし革命軍がこの作戦を強行して、その結果、コロニーが地球に落着してしまいます。

物語の本編では第1話において、ガロードが「このガンダムX」を発見します。ガロードは、Gコンを使って動かしました。
Gコンとは、Gコントローラーの通称です。ガンダムを稼動するためのキーのような物です。
この発見した機体は、廃棄された基地の中に、未使用のまま眠っていた物でした。

モビルスーツ・ガンダムX

ガンダムXというモビルスーツについて、お話したいと思います。

ガンダムXの正式な名称は、GX-9900ガンダム・エックスと言います。テレビ用アニメーション作品「機動新世紀ガンダムX」に登場したモビルスーツです。
また、漫画の作品では、「機動新世紀ガンダムX・UNDER THE MOONLIGHT」に登場しました。

この物語においては、ガンダムXは、合計3機製作されていたと言われています。
ガロードが搭乗した機体が1号機で、戦時中にジャミルが乗っていた機体が2号機です。そしてジャミルの上官、ルチル・リリアントが乗っていた機体が3号機である、と言われています。

タイトルとURLをコピーしました