カミーユとクワトロの物語、機動戦士Zガンダム

ここでは機動戦士ガンダム・シリーズの中から「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」について、ご紹介したいと思います。

ガンダムには、テレビシリーズが何作かあります。なので各シリーズに対して、名前を付けて区別しています。
例えば第一作目の「機動戦士ガンダム」は「ファーストガンダム」と呼ばれています。第二作目の「機動戦士Zガンダム」は、そのまま「Zガンダム」と呼ばれています。

なお、第一作目の「機動戦士ガンダム」の時代は、宇宙世紀0079年という未来です。宇宙移民がスペースコロニーに対して開始されて、半世紀ほど経った頃の話となります。

そして「Zガンダム」は、最初のガンダムの続編となります。テレビシリーズ第二作目の作品です。1985年3月から1986年2月までの1年間、名古屋テレビ系のテレビ朝日系で放送された作品です。

物語

「機動戦士Zガンダム」の舞台となる時代は、宇宙世紀0087年です。前作「機動戦士ガンダム」で起こった「一年戦争の後」の物語、「一年戦争」が終結した7年後になります。

ジオン公国軍に勝利した地球連邦軍ですが、一つにまとまりません。支配と圧力という政治的な関係が、出てくるようになります。

「一年戦争」の時、ジオン軍だったシャアは、自分の名前をクワトロと変えて、今度はエゥーゴという反地球連邦組織に参加していました。
その任務で潜入した「グリーン・ノア」というコロニーで、黒いガンダムを発見しました。この黒いガンダムは、ティターンズが開発した物でした。クワトロは、この黒いガンダム「Mk-Ⅱ」を奪取するために行動を開始しました。

クワトロが、黒いガンダム「Mk-Ⅱ」を奪取する策略を練っている頃、カミーユは憲兵から尋問を受けていました。その最中に、ガンダムが墜落するという出来事が起きました。カミーユは、その混乱に紛れて脱走しました。

その後、クワトロが戦闘している最中、カミーユは偶然にガンダム「Mk-Ⅱ」に乗り込んでしまいます。そして、完璧に操縦しました。
それは、まるで昔の「アムロ・レイ」が戻って来たと感じさせるような出来事でした。
ここから、カミーユとクワトロの物語が始まっていくことになります。

ディスク化

2009年4月に、ガンダム生誕30周年を迎えました。そのメモリアル記念として、「機動戦士Zガンダム」全50話がボックスとなりました。Part1、Part2と2回に分けて、ブルーレイディスクで発売されました。

この「機動戦士Zガンダム」は、テレビシリーズの中でも人気があるシリーズです。1986年に放送が終了した後も、人気が衰える事はありませんでした。その後、レーザーディスクやDVDが発売されました。その結果、リアルタイムにアニメを見ていない幅広いファンに、愛されるようになりました。

また、「機動戦士Zガンダム」は2005年・2006年と映画化されました。オリジナルストーリー全50話+新しいシーンで、全3部作に分けて構成されて、劇場版「機動戦士Zガンダム」として公開されました。

ファンに愛されているガンダム作品

「ファーストガンダム」の作品では、「地球連邦軍 対 ジオン公国軍」というような明確な図式で展開されていました。しかし「機動戦士Zガンダム」では、地球連邦軍・内部における「派閥争い」や「人間関係」を中心に、複雑に絡み合った構成となっています。
そのような状況がどのように変わっていくのか、とても楽しみなストーリーとなっています。

アルファベットのZ「機動戦士Zガンダム」では、主人公が変わりました。前作に出ていた登場人物は、年齢を重ねた状態で登場しています。
また、戦闘シーンでは、パイロットとの「駆け引き」という場面よりは、「撃ち合い」を中心にした戦闘シーンが多く見られるようになりました。そのような点も特徴的と言えます。

ガンダムと言えば「Z」という人も、多いそうです。そう言われるくらいにスタンダードな作品と言えます。



タイトルとURLをコピーしました