健康問題の原因になったりする、カビを掃除しましょう

健康問題の原因になったりするカビ

汚れた風呂場の壁多くの人が悩まされている「住まい」に関するトラブルの一つに、カビの発生があります。
特に湿気の多い所、風呂場や洗面所、キッチンという場所では、油断していると知らない間にカビにやられてしまったりします。その他の場所でも、例えば押し入れの奥などにも、いつの間にかカビが発生していたなんてことがよくあります。

また、湿気が「あんまりない部屋」であっても、家具の後ろの壁などにカビが発生している場合があります。家具の後ろの部分は、空気が循環しにくい部分なので、カビが発生している場合があります。

カビは、「湿り気が大好き」と言えます。なので、カビを発生させたくないと思ったら、室内を乾燥させる事になります。先程の家具の後ろについても、風の通り道を作るようにしてみましょう。「風通し」を良くする事は、カビ対策に繋がると言えます。

あとは普段から、こまめな掃除と適度な換気を心掛けてください。普段からそうする事も、カビ対策に繋がると思います。お風呂場を始め、水回りの場所、風通しの悪い場所、湿気の多い場所を、掃除して清潔にしておきましょう。

カビについては嫌なニオイがしたり、見た目が気持ち悪いだけではありません。人によっては、アレルギーの原因となります。つまり、健康問題を引き起こす原因となります。掃除は手間が掛かり、面倒かもしれません。ですがカビの発生を防ぐためにも、定期的な掃除は必要です。

カビ取り掃除をしましょう

例えば風呂場のカビ取りをする際、どんな道具が必要でしょうか。基本的には、浴槽用洗剤スポンジブラシを用意します。大掛かりな掃除をせず、「黒ずみ」などの「汚れ」を落とすくらいなら、スポンジブラシだけで掃除できます。

ところで「浴槽の黒ずみ」は、人の垢が原因とされています。シャワーを浴びる際に浴槽を利用しているだけでも、垢が浴槽に付き、汚れてしまいます。
ですが「この汚れ」は、「洗い流せる汚れ」です。浴槽を始め、風呂場の掃除では、一気に洗って綺麗にしてしまいましょう。

あと、床や壁のタイルも綺麗に洗いましょう。もしも水カビが付着しているなら、カビ用の洗剤を使用して掃除しましょう。
なお、タイルについては、力いっぱいゴシゴシとこすっても差し支えありません。「汚れ」が落ちて綺麗になるまで、力を込めて掃除しましょう。