ほくろ予防法の一つ・紫外線対策

「ほくろ」の原因・紫外線

ほくろがある女性「ほくろ」は紫外線によって、できる場合があるようです。
「ほくろ」の原因の一つである紫外線は、冬も含めて一年中、私達に降り注いでいます。

これ以上「ほくろ」を増やしたくないと願う人は、紫外線対策を検討しましょう。「ほくろ」の予防に、きっと役立つと思います。

紫外線対策

お肌に悪い影響を与える紫外線を予防する方法として、日焼け止めクリームがあります。
まずは、「日焼け止め」を塗っておきます。その後に、ファンデーションでカバーしておけば、さらに安心です。
外に出かけない日は、化粧をしないという人も多いかもしれません。しかし洗濯物を干したり、お花に水をあげるためベランダに出たりと、日常のちょっとした時間でも紫外線に当たる事があります。
化粧することは面倒ですが、紫外線は「お肌の天敵」と言えます。しっかり対策をしておきましょう。

ちなみに紫外線は、3月頃から少しずつ増えてきます。天気の悪い日や家の中にいても、紫外線は肌に悪影響を及ぼします。なので、こまめに「日焼け止め」を塗るなどして、肌を守ることが大切です。

紫外線の対策としては、先程言った日焼け止めクリームやローションがあります。しかし、このような物を使うと、肌が荒れてしまう人もいることでしょう。
以下に日焼け止めクリームを使わない、その他の紫外線対策も紹介したいと思います。

まず簡単にできることは、外出する際に肌を隠すことです。
「生地の厚い服」や「黒などの色の濃い服」は、紫外線を通しにくくなっています。
ちなみに、夏に着ることが多い「白い薄手の服」は、紫外線を通しやすいです。このような白い服を着ても、対策にはなりません。

服以外では、日傘や帽子も大いに役立ちます。直射日光や紫外線を、顔に当てないように防げるからです。
最近では、おしゃれなデザインの日傘や高級老舗ブランドの日傘があります。
ファッション的にも問題ないので、ぜひ日傘を紫外線・防止対策のアイテムとして利用してください。
帽子も、紫外線の対策に使えるアイテムです。
ファッションアイテムにもなるので、外出する際、帽子を被るようにしましょう。

ボディケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム