心が和む「植物のインテリア」苔玉

心が和む「緑の植物」

丸形の窓味気ない場所だけど、一鉢のグリーンがあるだけで、ほんのり心が和んだりします。
生き物であるグリーンは、私たちを癒してくれる力を持っていると言えます。

このようなインテリアのグリーンでは、成長を見ることが「楽しみ」の一つです。
また、同じような白い器に植えられていても、それぞれの植物が持っている表情によって、全く違った印象を受けたりします。

例えば丸い葉を持っている植物は、モダンな空間や和室に合います。細い葉を持っている植物は、広い空間に思い切り配置してみましょう。そうすると空間に広がり感を出せます。

のんびりと「くつろぐ空間」には、シダ植物の一種リュウビンタイなども良いでしょう。1枚の葉だけでも、充分に存在感があります。独特な雰囲気を持つ植物なので、アジアン・テイストのインテリアにも合います。鉢カバーに籐のカゴを使ってみると、結構いいかもしれません。

苔玉

苔玉観葉植物の一つとして「苔玉(こけだま)」が近年人気と聞きます。和の雰囲気にもアジアンな雰囲気にも似合う植物と言われています。なるほど言われてみれば、和室に似合いそうな植物だと思いました。

そして大人のガーデニングとして、苔玉を始める方がいると聞きます。苔玉のガーデニングとは、鉢植えの「鉢」を「土と苔」に代えた物を言うそうです。苔を使う事で、自然を感じさせる雰囲気・優しい雰囲気になると言われています。

住む人を癒やしてくれる植物

このような観葉植物には、その家に住む人や来客する人を癒してくれる効果がある、と思います。玄関などに飾っておくと、家の雰囲気が良くなると思います。

実は最近、仕事で「期待通り」の結果が出ない日が続いていました。そんな仕事の作業を続けていたため、疲れ気味でした。そんな時この苔玉の話題を偶然に聞いて、なぜか目に留まりました。どことなく「優しい感じ」がしたためかもしれません(そして、この記事を書いたのでした)。

苔玉だけでも、充分に存在感があります。だけど、他の植物を差し込む(活ける)事で、さらに「素敵さ」を演出できます。
例えば苔玉にアスパラガスを活けてみましょう。「おしゃれさ」が、さらにアップする事と思います。
ちなみに、アスパラガスは日光が好きなので、なるべく日に当てるようにしましょう。あと、苔玉が乾いているなと思ったら、水を「全体的にかける感じ」であげましょう。

アスパラガスではないのですが、確か100円ショップにも観賞用の植物が売っていたはずです。最近生活に疲れ気味なので、心を癒すために観葉植物を買ってきて、育ててみようかな?と思ったりしています。

自分の部屋に、和のインテリア家具や観葉植物を置いてみましょう。思わずホッとして、心が和むと思います。今まで洋風が好きだった人も、今一度、和の雰囲気を見直してみましょう。部屋の中に和の観葉植物を飾るだけで、きっと心地良い気分になれるでしょう。

住まい
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム