時間が経っても温かいまま、真空断熱のマグボトル

真空断熱のマグボトルを使えば、朝に入れたコーヒーが夕方になっても「温かいまま」だそうです。よって仕事先でホットコーヒーを楽しみたい方に、おすすめな水筒と言えます。

コーヒーを始め、紅茶やハーブティなど、

断熱のマグボトルを使えば、温かいまま飲めます。

マグボトル

私は以前、職場に「普通の水筒」を持って行っていました。その当時、お茶やインスタントコーヒーなどを、その水筒に入れていました。ですが「普通の水筒」だったので、午後になると「お茶」や「コーヒー」はぬるくなっていました。

現在、職場に水筒を持って行く事をしていませんが、再び水筒を持って行くなら、新たに真空断熱のマグボトルを購入して使いたいと思います。
なぜなら、ホットなコーヒーを飲みたいからです。コーヒーは、入れたての熱いコーヒーのほうが美味しい、と思うことがあるからです。

なお、このようなマグボトルの中には、ホコリを防ぐ「フラップ付き」の飲み口になっている物があります。「フラップ付き」なら、飲み口が汚れにくくて衛生的と言えます。

参考:コーヒーの温度

実は、コーヒーは紅茶と違って、わざわざ高温で作ったりしません。コーヒーは、お湯の温度がそんなに高くなくても、味の変化はほとんどありません。コーヒーを入れる時は、飲む人が飲みやすい温度で入れると良いです。

元々コーヒーは、すぐに飲める温度で出される飲み物です。しかし日本の「店のコーヒー」は、熱い状態で出されることが多いです。海外の人が日本の店でコーヒーを頼んだ時に、熱すぎて「びっくりしてしまう事」があるそうです。
すぐに飲める温度だと予想して、いきなり口を付けて飲もうとする場合、熱すぎる訳です。なので、びっくりしてしまうのも無理はありません。

こう考えるとマグボトルのコーヒーも、「程良い熱さ」のコーヒーで良いと言えます。