ファンドマネージャーに資産運用をお任せできる投資信託

投資信託とは、投資家本人が「お金を運用する」のではなく、

その道のプロである「ファンドマネージャー」が運用を行ない、それで得た利子や配当金などを投資家に分配する、という仕組み(制度)

のことを言います(投資信託は「ファンド」という言葉で表される場合があります)。

ファンドマネジャー

ほとんどの投資信託は、最低1万円から購入できることもあって、投資信託の初心者であっても、それほど敷居が高いと思わないでしょう。

もちろん、自分で自由に投資金額を決めることもできます。
こうして多くの人から集めた「お金」を株や債券などに投資して、それで得た利子や配当金などを投資家に分配することになります。

そして投資信託には、様々な種類があります。
手堅く運用したい人にとっては、「値動き」があまりなくてリスクが少ない商品が良いです。
積極的に投資を行ないたい人にとっては、ハイリスクであってもハイリターンである商品が向いています。
このように、自分に合った金融商品を選択できます。これも投資信託の魅力の一つです。

投資信託の初心者にとって、リスクがある事は不安な事です。確実に、利子や配当金を得られるのか?という不安を抱くのも無理はありません。自分が受け入れることができるリスクについて、しっかり考えましょう。

投資信託のリスク

投資信託は、資産を運用する上で最も楽な方法と思われがちです。と言うのも、運用をプロに委任できるので、自分自身の力量に関係なく資金の運用を行なえるからです。
さらに小額の投資も可能なので、大きなリスクを背負わなくて済みます。よって、初心者の方が投資信託を軽んじる場合が多いようです。

でも、それは大きな間違いです。リスクは決してゼロではないです。
確かに投資信託は運用のプロが行なうため、素人よりも遥かに高い専門知識で、運用を行なえるでしょう。しかし投資に、必勝法は存在しません。

つまりプロでも失敗するという事です。
そして、あなたが損をする(お金を失う)可能性があります。

失敗

その可能性は、決して低くはありません。
景気に左右されたり、誰も予想できないような変動というのは、意外と頻繁に起こるからです。

運用に失敗する割に「手数料は高め」であり、様々な投資の中でもコストは決して低いほうではありません。それなりにリスクがある投資方法という事になります。

しかし、これらのデメリットをしっかりと理解しておけば、資金運用の手段として堅実であると言えるでしょう。
基本的には1万円から投資が可能で、単純に投資というものが、どういったものかを試すには最適と言えます。ですから軽んじて見なければ、初心者向けの投資手段である事は、事実でしょう。

投資信託は、ファンドを選ぶ判断力を除けば、初心者と上級者の差は余りなく、例え初心者であっても大金を稼げる可能性があります。

投資信託は、投資を実際に体験してみたい、投資したいけれど時間がなくて自分で売買したり勉強したりする時間がない人に、向いています。

投資信託のコスト

手数料

手数料が掛かります

投資信託は、自分に代わって資産を運用してくれる証券会社や投資信託会社に資本を委託する事で、成り立つ金融商品です。

運用を任せる訳なので、そこには当然手数料が発生します。その手数料は、銀行などへの預貯金、または株式投資や為替取引の際に業者へ支払う手数料より、かなり高くなります。

手数料の種類も多いので、様々なコストが掛かります。

様々な手数料

まず、購入時には販売手数料と消費税が掛かります。相場としては、基準価額の1%から3%程度と言われています。
なお販売手数料は、ファンドによっては無料となる場合もあります。

次に換金時にも、コストは発生します。
信託財産留保額や換金手数料については、会社によって取る所、取らない所があります。事前に確認する必要があるでしょう。
換金時には消費税の他に、利益が出た場合には所得税や住民税も掛かります。
これらは他の投資手段でも同じです。

これらの他にも、信託財産から差引されるコストとして、募集手数料や信託報酬、売買委託手数料があります。
募集手数料は、投資家が投資信託を購入する時に支払う費用です。消費税が掛かります。
信託報酬は、投資信託の運用費用の一部を投資家が負担するというものです。
売買委託手数料は、証券会社に売買注文を委託するための手数料です。

投資信託の税金

投資信託では基準価格や手数料など、知っておくべき事があります。
同じように、投資信託の初心者が知っておくべき事として、投資信託の税金があります。

投資信託は、分類ごとに税金の取り扱いが変わっているのが特徴です。よって、それぞれの税金を知っておくことが必要になります。

投資信託税金については、次のように分類できます。

まずは契約型投資信託か、会社型投資信託に分類できます。
そして契約型投資信託であれば、公募契約か私募に分類できます。

そして個人投資家と法人投資家に、分類できます。
それから株式投資信託と公社債投資信託に、分類できます。

これらの分類において、それぞれに「投資信託税金の取り扱い」が変わります。よって投資信託の初心者は、注意が必要です。

投資信託税金が必要とされるのは、分配金が支払われる時と売却する時です。
その状況と投資信託の分類により、徴収される税金の金額、税金の区分が変わってきます。

投資信託の初心者にとっては、取得を得られるのは嬉しい事ですが、所得に対する税金を支払う必要があります。気に留めておきましょう。

掛かるコストを理解しておきましょう

以上のようなコストが、どれほどの金額になるのかという事は、非常に重要です。
特に初心者の方であれば、ただ単に購入時の費用だけに目を奪われがちです。
そういった初心者の方は、気がつかない間に損をしている可能性もあります。

全てしっかり把握して、どれだけの利益を出せばトータルでプラスになるのかを、しっかり理解しておきましょう。
初心者だからこそ、コストと利益を理解する努力をしましょう。

※投資信託の手数料や税金については、証券会社などに問い合わせてください。

金融商品のセット販売

投資信託について情報を集めていると、よく「投資信託を売却する」「投資信託を購入する」という表現を見る事がある、と思います。
初心者の方は、これに違和感を覚えるかもしれません。
初心者の方は、投資信託というのは投資を信託するという手段であって、それ自体を売ったり買ったりするのは「おかしい」と考えてしまうかもしれません。

投資信託とは、金融商品です
もっと詳しく言うと、金融商品をセットにして売っているセット販売商品です。

例えば株を中心にセットで売られている投資信託は「株式型投資信託」と呼ばれています。
債券を中心にセット販売されているものは「債券型投資信託」、
株も債券もミックスされていたら「バランス型投資信託」
という風に呼ばれています。

ファンドマネージャーが「これらのセット商品」を選択して運用する事で、投資信託は成り立っています。

株式型

ところで初心者の方は、一言で「株式型」と言っても、株にはたくさんの種類があるので、その言い方では今ひとつピンと来ないという人が、いるでしょう。
実際には株式型の中でも、いくつかの区分があります。

例を挙げると、主に国内の株式で構成されているセット商品は「国内株式型」と呼ばれています。
その中でも中身が大型株ばかりなら「国内株式型(大型株型)」、
中型・小型株なら「国内株式型(中小型株型)」、
店頭登録株なら「国内株式型(店頭株型)」
という具合になります。

債券やミックス型についても、同じように区分されています。

二種類の投資信託

多くの種類がある投資信託ですが、投資信託の初心者は、その分類の「され方」を知っておくと良いかもしれません。
分類の仕方はいくつかありますが、証券投資信託を投資対象別に分類すると、二つに分けられます。それは「公社債投資信託」と「株式投資信託」の二種類です。

公社債投資信託とは、公社債や短期の金融商品だけで運用して、株式については一切組み入れることなく運用するものです。

それに対して株式投資信託は、株式を組み入れて運用するものです。
なお、株式投資信託には、公社債を組み入れることもできます。組み入れるか入れないかは、自由で良いという事になります。よって公社債投資信託のほうが、制限が厳しいということになります。

あと、株式投資信託の場合は、現在の資産の一部に株式を組み入れていなくても、株式投資が可能なものであれば株式投資信託という分類に入れられています。
投資信託の初心者は、このことを覚えておくと良いかもしれません。

また、この二つの投資信託には、「大きな違い」がもう一つあります。
公社債投資信託の場合は、所得の区分が「利子所得」になります。
株式投資信託の場合は、所得の区分は「配当所得」になります。
これを見てもわかる様に、公社債投資信託のほうが投資基準が厳しく設定されている、と言って良いでしょう。

二つの投資信託が分類で違っている点は、投資信託を選ぶ際に基準になると思います。
ぜひ参考にしてください。

初心者でも投資できます

現在では、自分の資産は自分で守る必要がある(自分で増やす必要がある)と、言われたりしています。その方法の一つとして、投資信託があります。
投資信託は、個人では「なかなか運用が難しいもの」に対して、専門家を通す事によって投資できる事が魅力でもあります。
資産運用の一つの選択肢として、投資信託を考えてみましょう。