遠くの物が良く見えない近視

近視

近視とは、目の調節を休めている状態の時、

遠くから目に入った光が、網膜よりも手前に像を結んでしまう状態の事

を言います。

この場合、ぼやけた像が網膜に映ります。よって、遠くの物がハッキリと見えません。
また、調節力を働かせていてもピントが手前に移動してしまいます。遠くの物が見えなくなってしまいます。

ところで近視や遠視と聞くと、遠視は眼が良くて、近視は眼が悪いと思っている人が多いと思います。ですが実際のところ、近視も遠視も屈折に異常があります。ちなみに正常な眼のことを、正視と言います。

近視には、眼軸が長い事が原因の「軸性近視」と、角膜や水晶体などの屈折力が強い事が原因である「屈折性近視」があります。
どちらの近視も、近くのほうにピントが合っています。そのため遠くの物については、ぼやけて見えます。なお、近くを見る際は、そんなに調節力を必要としません。

軸性近視

軸性近視とは、「角膜から網膜までの長さ」が長いことにより起こる近視です。
眼球が楕円形になり、目の奥行き(眼軸)が長くなっているために、網膜の手前でピントが合ってしまう状態のことです。強度の近視において、よく見られるタイプです。
なお、角膜や水晶体での屈折については、異常がない状態です。

屈折性近視

屈折性近視とは、角膜や水晶体の屈折力が強すぎることにより起こる近視です。軽い近視において、よく見られるタイプです。
水晶体の屈折率の変化によって、網膜の手前でピントが合ってしまう状態のことです。

視力回復の手段

眼鏡ところで近視の場合、視力回復のための治療には手術という手段もあります。ですが確実で「すぐに結果が出る」のは、メガネやコンタクトレンズを使うことです。
※なお、手術より安全な視力回復トレーニングという方法もあります。興味ある方は訓練してみましょう。

それでは、いったいどのくらいの視力から、メガネやコンタクトレンズが必要でしょうか?
視力による基準で考えると、教室で黒板の字を読むためには、前から真ん中辺りの席までは0.7程度の視力があれば良い、と言われています。よって0.6以下になったら、一応メガネを用意したほうがいいかもしれません。

例えば小学校の高学年程度なら、見るのに不便という自覚症状があった時にメガネを掛ければいいでしょう。
※大人の方についても視力が0.6以下になったら、メガネなどによる視力の矯正を検討しましょう。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム