「爪切り」の代わりに使えるネイルファイル

爪の手入れをする道具の一つに、「爪切り」があります。しかし「爪切り」は、爪を手入れする道具としては、ふさわしい物とは言えません。出来るなら使わないほうが良い道具です。
爪は、幾層にも分かれている物です。「爪切り」を使えば、それらの層の各断面にヒビを入れてしまうことになります。

「爪切り」の代わりに使える道具は、ネイルファイルです。ここで言うファイルとは、「爪を削ること」を言います。そういうことより、ネイルファイルと呼ばれています。

ネイルファイルの「目の粗さ」については、グリットという単位で数値化されています。大きい値ほど、目が細かくなります。
例えば、爪の表面を磨くためのファイルでは、400から600くらいが目安となります。ファイルを購入する際は、この数値をよく確認してください。

また、「ファイルの厚み」も大切です。もしも「厚み」があると、削る時に負担が大きくなってしまいます。なので、厚みのない物にしましょう。
なお、人工爪を削る場合は、厚みのある物のほうが削りやすいです。

実際に使う時に気をつけたい点は、方向と角度です。
削る方向は、一方向にしてください。これは、爪の層の断面を乱さないようにするためです。
角度については、爪の下側から入るようにして45度で当てましょう。爪の裏側から、削るためです。

エメリーボード

エメリーボードネイルファイルには、様々な種類があります。その中で「地爪向き」のファイルは、エメリーボードです。他には、人工爪(アクリル製のジェルネイルやスカルプチェアなどの人工爪)を専用に削る物や、爪の表面に使用するバフィングタイプの物があります。

エメリーボードを使う際、当てる角度に気をつける必要があります。角度については、45度が最も良いです。爪に対して直角に当ててはいけません。「爪切り」と同様に、爪にヒビを入れてしまうからです。

削る際は、エメリーボードを一定方向に動かしましょう。往復させることは良くありません。
爪を削る順番については、先端・サイド・角という順です。サイドについては、爪が指より長い場合に削る必要があります。

それぞれの指の「爪の長さ」が同じくらいになるように、バランスを整えましょう。1本の指の爪について処理が終わったら、他の指と見比べるようにしてください。

エメリーボードは、人工爪に使われる物よりも目が細かい物です。ですが、あまりに細かすぎる物だと、爪を削る事が出来なくなります。例えば180グリッドくらいが「程良い粗さ」で使いやすい、という意見を聞いたことがあります。

美容
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム