高校受験の国語対策

高校受験の国語対策

国語については、比較的点数を取りやすいとされています。
しかし古文や漢文といった、普段馴染みのない分野に関しては、点数を取れない人が多いようです。

もしも古文や漢文であまりにも点数を取れないなら、古文や漢文に慣れておく必要があります。
実際のところ中学3年生になっても(すでに2年間ほど、古文や漢文を学んでいても)、古文や漢文に不慣れな人が多いようです。

そんな時、「自分は古文と漢文が苦手だから、国語の現代文で点数を取る」と考えるかもしれません。しかしそれは、あまりに早計です。
中学3年生になってからの1年間でも、しっかりと勉強すれば、古文や漢文の問題を抵抗なく解答できるだけの力は、身に付きます。苦手分野だからと始めから諦めずに、きっちりした勉強方法を立てて、その勉強方法を実践していきましょう。

国語高校受験において、国語はとても重要と言えます。特に将来、文系の分野を目指す人にとっては、ここで良い点数を取れないと苦しくなってきます。
古文や漢文なんて将来使わないから、どうでも良い。そう考えずに、自分の教養にするために、頑張って取り組んでみましょう。昔の日本人が、どのような言葉を使っていたか知っていると、将来の仕事においても、意外と役立つかもしれません。

古文と漢文の勉強方法

高校受験の国語と言えば、やはり鍵となるのは古文と漢文です。これらを「どれだけ確実に解けるか」というのが、入試で良い点数を取る鍵となります。高校受験で成功するためにも、古文と漢文の勉強方法には、気を配る必要があるでしょう。

まず、最初に確認しておく事があります。それは、「古文と漢文は、決して難しくない」ということです。
普段使わないので、苦手意識を持っている人が多いと思います。でも少なくとも中学国語の範囲に関して言えば、本当に基礎的な問題だけ出ると言えます。なので古典は、現代文よりも点数が取りやすいと言えます。
問題になっている点は、抵抗感であったり苦手意識であったりを取り払う、という点だけです。

そのための勉強方法として有効なのが、現代語訳と原文を交互に見ることです。
まず原文から入ってしまうと、苦手意識が邪魔して、なかなか頭に入りません。そこで、まずは現代語訳された文から読んで、その後に原文を読む、という「やり方」が良いでしょう。
そうする事で原文を眺めても、ここはこんな意味だとすでにわかっているので、それほど抵抗なく頭に入るはずです。それを毎日行なえば、言葉の意味や文法も、少しずつ頭に入っていくでしょう。

漢文に関しても、同様です。先に漢文を読むとなると、どうしても頭がこんがらがります。
それよりも、まずは現代語訳を見て、その後に漢文を見るようにしましょう。そうすれば、どうして漢文の「この部分を先に読むのか」というのも、徐々に頭の中に入っていくでしょう。

この勉強方法は、高校受験を控えている際、まずは古文と漢文に慣れるというために、とても有効な勉強方法と言えます。ぜひ実践してみてください。

現代文の勉強方法

まず論説文について重要なのは、作者の意図を掴む事です。この作者が「何を言いたいのか」を把握すれば、文中にある一つの文が暗に訴えている事も自然と見えてきます。
後は、それを論理的に噛み砕いたり解釈したりして答えるだけです。

なお、重要と思う部分に線を引くということを指導されることがあります。しかし、あまりお勧めしません。これは、全体を見る上で一部を抜粋する効果が出てしまうからです。後で見直した時に、文全体ではなくて言葉だけで判断してしまう可能性があります。

次に、物語については、基本的には論説文と同じような感覚で構いません。
ただし、論説文は小難しい言葉が多いのに対して、物語は比較的読みやすいと思います。その分だけ、主観が入りやすいようになっています。
なので、主観の部分を取り除いて、客観的な目で話を読めるようにしましょう。主人公の心情などに対して自分の意見を述べるというのは、入試に関して言えば有効ではありません。
大多数の中の一人に埋もれる感覚で、物語について勉強しましょう。

日常生活で、現代文をよく見かけると思います。
論説文については、新聞やニュースサイト、あるいは何かのレビューとして見かけます。
物語については、主に小説として見かける機会が多いでしょう。
現代文は身近にあふれているので、人によっては「勉強する必要ない」「勉強方法を検討しなくて良い」と軽視されがちです。しかしそれでは、高校受験ではうまく点数を取れない場合があります。

高校受験の現代文について、自分に合う勉強方法を確立して点数を稼ぎましょう。点数を取れる問題でしっかり取る、これが高校受験で失敗しないために大切なことと言えます。

頑張ってください

特に中学3年生では、高校受験を控えた1年間ということで、国語を始め、それぞれの科目に対して、どのような勉強方法で学習するか、大切です。
自分が決めた勉強方法を実践していくとなると、最初の内は、不安かもしれません。迷った際は、学校の先生や塾の先生などに相談しましょう。
高校受験の勉強では、苦労が多いと思います。だけど、ぜひ頑張ってください。

※この記事は2008年当時の記事になります。