ムダ毛処理の肌トラブルを防ぐため、天然のローションを使いましょう

ムダ毛処理の肌トラブル

毛膿炎

間違ったムダ毛処理をしたために、「毛膿炎」を起こしてしまった人が増えているそうです。毛膿炎は、細菌感染症の一つです。

毛膿炎になると、

毛根周辺が赤くなったり、化膿したりします。その他には、皮膚が硬く腫れたりという症状も出てきます。

黄色ブドウ球菌が原因であることが、多いです。症状がひどくなると化膿した部分が色素沈着して、跡が残ってしまうこともあります。
治療では、抗生物質を服用します。場合によっては、切開手術が必要になります。

ムダ毛と言われている毛ですが、元々は「細菌などの侵入を防ぐ働き」をしている物です。それがムダ毛処理によりなくなってしまうことで、細菌が侵入しやすくなってしまいます。

不衛生な環境で「毛抜き」で抜いたり、カミソリで剃ったりというムダ毛処理を行なった場合、より炎症が起きやすくなります。
特に、カミソリで逆剃りして深剃りするという肌に負担が掛かる除毛や、お風呂での脱毛処理は、細菌が侵入しやすいです。注意しましょう。

埋没毛

除毛処理のトラブルの一つに、「埋没毛(まいぼつもう)」があります。
埋没毛とは、皮膚の中で発毛して成長してしまった体毛のことを言います。「埋もれ毛」と呼ばれることもあります。

埋没毛となる原因としては、以下のように「カミソリ」や「毛抜き」を使ったムダ毛の処理によることが多いです。

  • 毛を抜いた時に、毛根から抜けず途中で切れてしまったため。
  • 毛根から抜き取られたけれど、毛穴が塞がった後に毛が再生して、そのまま皮膚の中で成長してしまったため。
  • 剃られた毛の先端がとがっていて、毛穴と違う皮膚の部分を貫通してしまったため。
  • 繰り返し剃ったり抜いたりしたことで、毛穴周辺の皮膚が炎症を起こして、それにより出来た「かさぶた」が毛穴を塞いだため。毛が表面に出て来れなくなったから。

埋没毛が起こりやすい体の部位は、脇やビキニラインなどです。皮膚の弾力がなくて、毛の生えている方向が様々な場所です。

天然の脱毛クリームやローション

すべすべな女性の脚出来るなら、ムダ毛を放っておきたいところです。だけど見た目の問題からも、ムダ毛をそのままにしておく訳にもいかないでしょう。
自分で処理する場合は、その効果は長続きしません。なので、何回も処理することになります。

もしも肌を傷つける方法を続けていると、肌がどんどん荒れてゆくでしょう。
なるべく肌に優しい方法として、

天然成分のみで作られている「脱毛クリーム」や「脱毛ローション」を使う方法

があります。

天然成分とは、豆乳やパイナップル・パパイヤなどから抽出した成分です。天然であるため、化学成分と比べると除毛の効果は控え目になります。ですが続けて使用していくことで、少しずつ毛が細くなっていくようです。
薬品が肌に合わない人や、化学成分で皮膚がかぶれてしまう人には、おすすめな成分です。

度々話題になる豆乳ローション

ローション多くの女性がムダ毛に悩んでいることもあり、ムダ毛処理のグッズがテレビなどでよく紹介されます。「これは効果がある」と紹介された物が、ブームになったりしています。

ムダ毛処理に関する製品では、脱毛クリームやワックス、電気シェーバーや電気脱毛器、脱毛テープなどが発売されています。
つるつる肌を目指す女性のニーズに対応するために、新しい製品がどんどん開発されています。

ムダ毛に関する美容製品の中でよく聞く物に、豆乳ローションがあります。テレビや雑誌、ネット通販などで、

「ムダ毛が細くなる」
「毛がスルッと抜ける」
「生えてこなくなる」
 

などと、聞いたり読んだりしたことがあると思います。
その効果については、個人差があるようです。ですが数ヶ月使い続けると

何となく毛が抜けやすくなり、生えるスピードも遅くなってきた

と感じる人が出てくるようです。緩やかにですが、抑毛の効果はあるようです。

豆乳ローションの作り方

豆乳ローションを手作りしたい方が多い、と聞きました。ここでは「その作り方」を、ご紹介したいと思います。

用意する物は、無調整豆乳500ml、レモン2個、消毒用エタノール60mlです。

  1. 豆乳を小鍋に入れて、弱火にかけます。60度くらいまで温めます。
  2. レモンを絞って、汁を混ぜます。レモンの皮の油が入らないように気をつけてください。
  3. 弱火のまま「かき混ぜて」、塊が出来始めたら火を止めます。
  4. 消毒用エタノールを加えて混ぜます。
  5. 熱いうちに、清潔なガーゼなどを敷いたザルでこします。こした物を、ボウルなどに取りおきます。

以上で出来上がりです。清潔な容器に入れておけば、冷蔵庫で1週間保存できます。

使う時は、脱毛クリームなどでムダ毛の処理をした後に、毛穴に擦り込むようにたっぷりと塗ってください。
入浴時に使用するほうが、毛穴が開いているので効果的だと思います。
即効性はありませんが、お肌に優しいローションです。

使い続けたら、抑毛できるでしょう

ムダ毛を処理する際、豆乳ローションを愛用する人が増えているそうです。テレビ番組で紹介されたことが、「きっかけ」のようです。

豆乳から抽出した天然成分を配合した物なら、肌への刺激が少ないと思います。例えば大豆イソフラボンは、色々な脱毛クリームやローションに含まれています。効果があると期待されている成分のようです。

使い方としては、カミソリで剃った後に、豆乳ローションを塗ってケアしてみましょう。カミソリで剃った後に擦り込むように塗ります。
二度塗ると、より効果を期待できます。最初に塗って少し乾かします。乾いたら、もう一回塗ります。こうすることで、脱毛の効果がアップします。
それに加えて、毎日、風呂上がりに塗ってください。毛穴に浸透するようにマッサージしながら、塗りましょう。
以上のことを、気長に続けることが大切です。

毎日「豆乳ローション」でケアすると、産毛のように細くすることも可能と言えます。

例えば脇の毛も、産毛のように目立たなくできる可能性があります。そうなれば、頻繁に脱毛をしなくて良いでしょう。毛を剃る回数が減れば、カミソリによる「肌荒れ」の心配も少なくなります。

豆乳ローションには、様々な種類があります。自分の肌に合っている物を選ぶといいでしょう。購入した人のレビューなども参考になると思います。評判を確かめてから購入しましょう。