還元率はどのくらい?ネットカジノの賭け事

ネットカジノは、違法か?合法か?

ネットカジノ(オンラインカジノ)で賭け事をすることについては、合法か違法か、最新の法律をご確認ください。
この記事は、2009年当時の記事になります。

ネットカジノにおいて本当の「お金」を賭けている場合、それは違法かも?と思っている人がいるでしょう。日本国内でのカジノ運営が、禁止されているからです(2009年当時)。

カジノサイトが、カジノ運営が許可されている外国で運営されている場合、そのカジノサイトに参加することは、おそらく合法と言えそうです。100%とは言えませんが、合法的にカジノを自宅で楽しめそうです。
※カジノの合法性については、今後の裁判の判例で変わる可能性もあります。インターネットで「ネットカジノ 違法」について、検索して調べてみましょう。
なお、インターネット上だからカジノは許される、と思う人もいるかもしれません。ですが、ネット上だから合法という訳ではありません。

2009年当時、ネットカジノサイトを運営しているのは 全て海外です。海外のネットカジノサイトを使用して、プレイすることになります。
日本語に対応しているか、心配になりますが、カジノサイトの文章を日本語に訳してあるところもあります。日本語対応のサポート体制が、用意されているところもあります。
そのようなネットカジノサイトなら、日本人でも気軽に楽しめるでしょう。

ネットカジノの公平性

カジノネットカジノに対して、
「最初から、負けるように仕組まれているかも?」
そのような疑いを持っている人が、いるかもしれません。
数多くあるネットカジノの中には、残念ながら悪質なところもあるようです。なので、そのような「疑い」や「不安」を持つことも仕方がない、と思います。

もしも、このような心配がある人は、大手で人気のあるカジノサイトを選ぶと良いかもしれません。
優良なネットカジノの場合、会計事務所や検査機関というような第三者機関によって、厳しく監査・監視されているそうです。
よって、最初から負けるように作ることができないようになっています。これなら、安心してプレイできます。

カジノを運営するには、法律で認められている国が発行する「営業ライセンス」が必要となります。違法行為については、簡単にできないようになっています。
この「営業ライセンス」には、国が定めた厳しい基準があり、このライセンスを取得するためには、その基準をクリアする必要があります。
もしもゲームの公平性や個人情報管理などにおいて違法な行為があれば、すでに「このライセンス」を取得していた場合でも、国から許可を取り消されることになります。

カジノをプレイする際や、カジノのチップをクレジットカードで購入する際は、個人情報管理やセキュリティ管理について、しっかりしている業者を選びたいと思うでしょう。「営業ライセンス」を持っている優良なネットカジノを見つけてください。

ネットカジノの還元率

還元率については、ネットカジノは95%から98%の還元率と言われています。
ちなみにパチンコで90%、競馬で75%、宝くじで45%から50%と言われています。
以上の還元率から考えてみると、ネットカジノはギャンブルの中でも比較的稼ぎやすいゲームである、と言えるでしょう。

さらに優良なネットカジノである場合、その支払い率は96%から98%という還元率だそうです。これは、ギャンブルの中でも高い還元率と言えます。

「還元率の高さ」と「プロの存在」は、関係がありそうです。
競馬や競輪において、プロがいるとあまり聞きません。その理由は、もしかしたら「還元率の低さ」と関係があるかもしれません。逆に、パチンコやネットカジノのプロがいることは、還元率が高いためと言えそうです。

ネットカジノのプロとしてカジノを行なっている人は、トップレベルの人で月に300万円くらい稼ぐらしいです。
また、ネットカジノが有名になった「きっかけ」は、日本では約6000万円、海外では2億円を超える賞金が当たった出来事でした。

ただしネットカジノをやれば、誰でも必ず稼げるかと言うと、決してそうではありません。
例えばゲームに負けて取り乱して、冷静にゲームを行なえない人などは、稼ぎ続けることは難しいでしょう。

ネットカジノのプロ

ネットカジノは、先程言ったように還元率が高いと言われています。その「還元率の高さ」のため、日本ではネットカジノで約6000万円を儲けた人がいる、と言われています。

また、ネットカジノの「還元率の高さ」から、プロもいるようです。ですが実際のところ、ネットカジノのプロを見たことはないかもしれません(パチンコのプロである「パチプロ」のほうが、身近にいるかもしれません)。

ネットカジノと言えば、運だけで稼ぐゲームだと思うかもしれません。しかし、そうではなくて確率によるゲームと言えます。
運ではなく確率によるゲームということで、ネットカジノのプロとして活躍する人がいて、ネットカジノによる収入で生活している人もいるそうです(サラリーマンのような雇われ人生から見ると、ちょっとうらやましいです)。

ところで、ネットカジノで稼いだ分に対する税金は、どうなるのでしょうか。
ネットカジノで稼いだ分の税金は、競馬や競輪などと同じように一時所得となります。つまり、ネットカジノで稼いだ金額から、ネットカジノを行なう際に出した金額と特別控除額を引いた金額が、一時所得となります。
その一時所得の半分に相当する金額を、他の所得(給料など)と合計します。その総所得額に対して、税金を納めることになります。
※プロの場合、カジノが本業となります。よって税金の計算方法は、自営業みたいになるかもしれません。詳しくは、税金の専門家に相談してください。

カジノの投資法

最後に参考として、カジノの代表的な投資法で、それぞれのシステムに従って掛け金を出していく方法を、ご紹介したいと思います。
その方法の種類として、パーレー系とマーチンゲール系の2種類があります。
これら投資法は、確率1/2であるバカラやルーレットなどで有効と言われています。

パーレー系

プレイして勝った時に、次のゲームの賭け金を上げる投資方法です。
連勝した時に、大きな儲けを出すことができます。例え途中で負けたとしても、損が少ない投資法と言えます。

マーチンゲール系

プレイして負けた時に、次のゲームの賭け金を上げる投資方法です。
この投資方法によって、今まで賭けた分の「お金」を取り戻して、それによって儲けを出すという方法です。

短期で稼ぐ方法

これらの投資法は、ツキを冷静に見極めて「お金」を賭ける事、儲けたらその時点で「さっさと引く事」が、重要です。短期で儲けようとする方法です。
冷静に判断できない状態では、これらの投資法の効果は出ません。ご注意ください。

副収入
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム