九星気学を活用して開運しましょう

九星気学

九星気学(きゅうせいきがく)とは、古代中国から伝わる占術です。世界で最も歴史のある統計学と言われています。生まれた年月日から分かる九星と干支、それに加えて「木・火・土・金・水(もっかどごんすい)」という五行を組み合わせたもののことです。
主に使われる目的としては、方位による吉凶を知るためと言われています。

九星気学の気学とは、私達には見えない「気」を取り扱っています。見えない物ですが、大気として宇宙に存在していると考えられています。私達が「その大気を吸う事」によって、運命に大きく影響を与えるとされています。
「気」は、大きなエネルギーを持っていて、一定のリズムで回っています。自分が生まれた時、どのエネルギーを吸い込んだか、これが「占い」の基になります。
九星は、「一白・二黒・三碧・四録・五黄・六白・七赤・八白・九紫」から成り立っています。この九星に五行を付け加えて、九星気学の完成となります。

九星気学は、日本でも古くからありました。それぞれの国によって、占い方が少し異なるようです。今では、手軽にインターネットで九星気学を占うことができます。

気の影響をデータ化したもの

九星気学は、今から約3000年前の中国で誕生したものとされています。大自然から受ける気の影響をデータ化したものです。長い歴史をかけてまとめた結果と言えます。
人間の生まれた時に、地球上の気の配置によって、その人の運勢が決まると言われています。

気は、変化を続けています。地球が自転をしながら、「太陽の周り」を公転しているからです。九星気学とは、気という自然界の法則に生年月日や東西南北の方位を加えて分析して、データ化したものです。

なお、データ化された九星気学が日本にやって来たのは、江戸時代です。江戸幕府がこの気学を利用して、街づくりを行った事はとても有名です。
途中で気学を利用する事をやめたのですが、開幕当初は、かなり気学が重要視されていたそうです。
江戸幕府が「270年という長さ」を保てたのは、気学の「おかげ」という説もたくさんあります。
例えば皇室は現在でも気学を重視している、と言われています。年間のスケジュールでは、大凶の方位を避けて作られているそうです。

九星気学の方位作用

九星気学では、方位という言葉をよく耳にします。自分の九星が、八つに分けられた方位に当てはまります。この八つの方位を、八方位と言います。「北・西南・東・東南・北西・西・東北・南」に、分けられています。
自分に当てはまる方位は、その時々によって変化します。そのため、その時の運勢も違うものになります。他人との相性についても、方位によって決まると言われています。

九星気学の特徴を言うと、

方位作用を活用することで、自力で運命を良くできる点です。

方位方位によって、良い運勢・悪い運勢に分けられることになります。吉方位と凶方位では、全く意味が違います。

八方位には「それぞれ特徴」があり、自分が「どの方位であるか」により、運勢も変わってきます。
さらにその方位の中においても、吉方位を取るか、または凶方位を取るかによって、その効果が異なります。

吉方位を取りましょう

九星気学を利用して開運を目指しているなら、吉方位を取りたいと思うはずです。吉方位を積極的に利用できないなら、凶方位を利用することになるからです。
ただし誰でも簡単に、吉方位を取れる訳ではありません。常に、運気を安定させることが大切になります。

もしも運気が安定すれば、自分から吉方位を取りに行けるようになります。しかし運気が安定するまでには、少し時間が必要でしょう。
効果は、すぐに出ないでしょう。忍耐強く吉方位を取りに行けるという幸運体質を、作ってゆく必要があります。
そうなるまでは、凶方位を取ってしまうこともあるでしょう。しばらくの間、我慢が必要です。

お水取り

なお、実際のところ、日常生活において吉方位にだけ移動できる人はいません。凶方位の場所に行くこともあるでしょう。
もしも凶方位の場所に行けば、少なからずマイナスの気を吸収してしまいます。1回行っただけで運気が下がる、ということはないと思います。だけどマイナスの気は、蓄積されます。

そんなマイナスの気をプラスの気に変えることができます。「お水取り」です。

「お水取り」とは、吉方位の地から湧き出ている水を飲むことです。

「お水取り」により、その地の気を水と一緒に体内に吸収できます。
水を1回飲むだけでは。マイナスの気はなくなりません。ですが何回か続ければ、マイナスの気がなくなると言われています。
開運するためにも、体内からマイナスの気をなくしましょう。

運気バイオリズム

九星気学では運気が循環する、と言われています。

九星気学の場合では、運気の周期は9年サイクルです。このサイクルの事を運気バイオリズムと言います。

このバイオリズムのサイクルは年・月・日・時刻の4種類がある、と言われています。
九星気学でよく言われるのは、年や月のバイオリズムです。年や月のバイオリズムは、実感しやすいです。日や時刻のバイオリズムは細かいため、実感できる人はあまりいないようです。
なお、年や月の場合、方位の移動などの影響を受けやすいと言われています。

運気バイオリズムでは、運気が良い時期・悪い時期は同じ周期でやってきます。そして運気の悪い時期は、トラブルや災難が起こりやすい状況になっています。
ただし運気が悪い時期であっても、運気を良くすることは可能だそうです。例えば慎重に行動すると良いでしょう。

バイオリズムの「どの時点」で「どの様に行動するか」によって、運気は変わってきます。運気が良い時期なら、何をやってもうまくいきます。その逆に運気が悪い時期なら、何をやってもうまくいかないようです。

もしも運気が良い時期なら、それを最大限に利用して行動しましょう。
もしも何をやってもうまくいかないなら、長い人生にはそんな日もあると思いましょう。運勢が悪い時期でも、出来る事を一つずつ実行してください。そんな地道な努力は、その後の「あなたの運気」を上げる「きっかけ」になるでしょう。

「運気の良し悪し」を乗り切るためには、気分転換が大事でしょう。特別な事をする必要はありません。近所を散歩するなど、ちょっとした行動が運気アップに繋がったりします。
体調も万全にしましょう。もしも今、体調不調なら、まずは健康になりましょう。体が元気になれば、運勢も上昇すると思います。
実際の生活では、運気が悪いからと言って諦めるという訳にはいきません。常日頃から、心の準備をしておきましょう。例え不調な時でも、それなりの結果を残せるようにしておきます。

九星気学で開運を目指しましょう

現在では、九星気学は誰でも気軽に楽しめる「占い」として、知られています。でも少し前までは、「隠れた処世術という意味合い」が強かったそうです。
この九星気学をもとにして、自分の運勢を良い状態に導く事で、努力を結果として実らせた成功者は多い、と言われています。
現代社会は、厳しい競争社会です。そんな事情もあり、気学を信じて利用する事で成功できた、という人たちも現れています。昔だけでなくて「現代でも通用する占い」として、利用している人が多いようです。

「九星気学の占い」の特徴は、自分で開運できるという事です。「占い」の場合では、相性や今後の自分について知る事ができます。九星気学の場合は、それだけではないです。
九星気学は、ただ一つの「積極的な開運法である」と言われています。日常生活での出来事(転居や旅行、デートなど)に応用できる、と言われています。九星気学を利用する事で、今までツイていなかった人も、自分の運勢を積極的に良くできるかもしれません。

九星気学で言われている方位は、とても大切とされています。吉方位と呼ばれている方向に旅行や引越で移動して、そこの気を体内に取り入れる事が大切とされています。
自分の方位を知る事で、これからの運命を予測します。そして、悪い運命を避ける事ができます。その結果、幸運な運命を手に入れる事ができます。

しかし方位だけでは、運命を変える事はできません。自分が変えたいと思っている事に対して、努力することも必要です。例えば仕事のことであれば、今まで以上に質が高い仕事をしながら、さらに吉方位の気を取り入れる事になります。そうする事で、運命が良い方向に進みます。
すぐには、大きな変化はないでしょう。しかし必ず変化がある、と言われています。

九星気学の占い師に占ってもらえば、旅行や引越などにおける開運の方位を教えてくれると思います。方位作用を活用して、ぜひ開運を目指してください。
ただし繰り返しになりますが、単に吉方位に行くだけでは、自分が期待しているほどの効果を得られません。吉方位に期待し過ぎないほうが良い、と思います。



タイトルとURLをコピーしました