BMX自転車を購入する際、注意する事

BMX自転車

BMX

バイシクル・モトクロス(Bicycle Motocross:BMX)向けの自転車は、競技用の自転車となります。

その始まりは、モトクロスを真似た自転車だったようです。子供用の自転車から「荷物カゴや泥除け」を取り外した物だったそうです。
そんな自転車で階段や土の道を走っていたところから、先程のバイシクル・モトクロスが誕生したそうです。

自転車競技なので当然ダイエット向けのような運動ではなく、過酷なスポーツと言えます。過酷な運動となりますが、興味あるならチャレンジしてみると良いでしょう。

購入時の注意点

BMXの自転車を購入する際、いくつか注意する事があります。

衝動買いしない事

BMXの自転車は様々な種目があり、各種目に最適に設計されています。
なので「衝動買い」をしてはいけません。

自分がBMXで何をしたいのか、
そのためには「どんなタイプ」のBMX自転車を購入する必要があるか、
これらの事を充分に確かめてから購入しましょう。

そうしないと後悔してしまう場合があります。注意が必要です。

販売価格の調査

BMXの自転車は、比較的安い物でも数万円単位の価格がする物です。
BMXの販売価格を、事前に調べておきましょう。

決して安い買い物ではありませんので、
いくらの値段であれば購入できるか、という自分なりの予算と、
目的のBMX自転車がいくらで販売されているか、という価格の相場を、
しっかりと調べることが必要だと思います。

BMXの販売価格を調べる情報源としては、BMXの雑誌やサイトを見るだけでも、結構様々な情報を得られると思います。

中古品の購入

BMX自転車を中古で購入したい場合、ネットオークションの利用を考えている方がいるかもしれません。
しかしオークションの落札では、BMXに限らず、中古品の場合には「ノークレーム・ノーリターン」と記載されている物が多く見られます。

つまり落札した商品を受取った後で、商品の状態などが思っていたのと違う場合でも、出品者にクレームをつけたり返品したりすることは出来ない、という意味です。
これでは不安なので「なかなか入札できない」という方が多い、と思います。

こんな時は、中古のスポーツサイクルとパーツ類を専門に取り扱う店舗に行きましょう。
「お住まい」の地域にショップがあれば、ぜひ店頭で、実際の中古車を見て確認しましょう。
「汚れ」や「キズ」があるか、ある場合は自分が我慢できる程度の汚れか?実際に見て確認しましょう。

なお、BMXの中古品を取り扱っている店舗が近くにない場合も、あると思います(特に地方には、そのような店舗はないと思います)。
その場合は、交通費を出してでも店舗に行く、高くても新品を買う、ということになると思います。どちらの方法を取るか?じっくりと判断してください。

専門家のアドバイス

あと、BMX自転車について初心者の場合、どんな点に重点を置いて選べば良いのか、よくわからないと思います。そんな時には、BMXの専門家に聞くのが一番だと思います。

BMXを取り扱っているショップへ行ってみましょう。もしも時間が「なかなか取れない」ような場合には、ネット通販でBMXを取り扱っているショップを探してみましょう。気になるBMXについて質問メールを送ってみるのも、良い方法だと思います。

長く使う愛車となるBMXを手に入れるためには、わからない事をどんどん聞きましょう。後で失敗したと、後悔しないようにしてください。そして満足できるBMX自転車を、ぜひ見つけましょう。

趣味
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム