お知らせ

記事中の外部リンクについて

nofollowの設定、その後やめました

nofollowの設定をやめました(2020年7月7日当時)。当サイトに対してSEOに関する設定、例えばnofollowの設定を、やめることにしました。そのようなSEO対策しても、アクセス数が増えなかったためです。

以前の様子

当サイトの記事中にある外部リンクについて、nofollowを設定しています

当サイトの記事中にある外部リンクについて、nofollowを設定するようにした「きっかけ」は、外部リンク先のサイトが、いつの間にか詐欺画像を表示するサイトに変更されていたからです。

外部リンクを作成した当時、有益な情報を公開しているサイトでした。しかしその後、サイト(ドメイン)の所有者が変わり、悪質な詐欺サイトになってしまったようです。「ウイルスに感染しました」という詐欺画像を表示するサイトに、変更されていました。

当サイトの記事中にある全ての外部リンクを定期的にクリックして、悪質な詐欺サイトに変更されたかどうか、確認するのは大変な負担となります。
よってとりあえず、当サイトと外部リンクのサイトは無関係であると、nofollowで宣言することにしました。そうするためにWordPressのプラグインを利用して、全ての外部リンクに対してnofollowを一括で設定しました(2019年8月11日当時)。

たくさん削除

記事中の外部リンクについて、多くのものを削除しました。外部リンク先のサイトの内容が変更されていたり、サイトそのものが終了したりしていたからです。例:「このサイトは終了しました」という文言だけ表示されていた。
外部リンク先のサイトの内容について、今現在「良い内容かどうか」、判断できないと言えます。

また、記事の文章中のリンクは、ほとんどクリックされていませんでした(タップされていませんでした)。記事を読んでいる人にとっては、文章中の外部リンクはそれほど必要ではないようです。
そういう状況より、記事の読者にとってあんまり役に立たない外部リンクを削除しました。300個ほどの外部リンクを削除しました(2020年3月19日当時)。

記事のURL見直し・変更

管理人です。

1ヶ月ほど前から、当サイトの記事のURLについて、見直ししています。

記事のURLについては、日本語(記事の件名)を自動翻訳サービスにて英文に翻訳して、その英文をURLに自動的に設定していました。
翻訳プラグインを使用して、自動的に訳された英文を、自動的にURLに設定していました。

ですが、無駄に長いURL(文字数が多いURL)になったり、意味がわかりにくい英文のURLになったりしていました。
よって記事のURLについて、「見直し」と「変更」をしています。

記事のURLを変更後でも、おそらく「リンク切れエラー」は起きないと思います。
ですがエラーにて旧URLの記事が見つからない場合は、申し訳ありません。記事の検索にて、該当の記事を見つけてください。

以上、お知らせでした。よろしくお願いいたします。2017/06/27

サーバーエラー改善

管理人です。

サイトの表示スピードについて、アマゾンのサーチウィジェットを表示する際、約2秒間かかる場合があります。Amazonの「Product Advertising API」を利用できないためです。利用できない理由は、売上実績がないためです。
なお、すでにページのキャッシュが存在する場合は、もっと短い時間で表示されると思います。

自作プラグインで関連商品を表示するようにしたため、ページのキャッシュが存在する場合でも、商品の価格を表示しています。「価格の時刻」と「注意書き」を表示できるようになったためです。

2019年3月のグーグル検索アップデートにより、アクセス数が減少しました。そのため売上も減少しました。
よって月額200円以下の格安レンタルサーバーに移転しました。そのため、モジュール版PHPを利用できなくなりました。しかしそこそこ早く、ページを表示できているようです(2019/05/31)。

格安なレンタルサーバーのためか、「WordPressのデータベース接続確立エラー」が発生していました(2019/06/01)。しかし10分間ほど経ったら、正常な状態に戻っていました。念のため、データベースの最適化を実施しました。


サイトの表示スピードについてPageSpeed Insightsで調べたところ、以下の結果でした。

レポート内のすべてのページ読み込みの下位 3 分の 1 に入ることを示します。

表示スピードの改善策として、ページのキャッシュ有効期限を1日間にしてみました。
そのため、関連商品の価格を非表示としました。1時間以内に価格情報の更新をする事、という規約を守れないためです(2018/08/03)。


このサイトマップの URL の一部でレスポンスの遅延が生じています。

Google Search Console で指摘された上記の警告を改善するために、WordPressのテーマを変更しました。
キャッシュ処理をするプラグインの利用を、やめてみました。その代りに、WordPressテーマの高速化機能を使うようにしました。
しばらくレスポンスの状況について、様子を見る予定です(2018/03/23)。

思ったよりもレスポンスが改善しなかったので、再びキャッシュ処理をするプラグインを使うようにしました(2018/04/21)。


最近、当サイトにて「503エラー」が発生していました。
改善するために、レンタルサーバーのプランを変更してみました。

以下の点が、改善されたと思います。

  • モジュール版 PHP 5.6 を使う事による、高速化(2016/10/23)。
    PHP7.1(モジュール版)の利用を、始めました(2017/02/13)
  • 同時アクセス数の上限値が増えた事による、「503エラー」の抑止。
    ※以前より、エラーを出にくくしました。

また、キャッシュ処理をするプラグインについて、設定を見直しました。

これらの変更により以前と比べて、ややウェブページが早く表示されるようになったと思います。
以上、お知らせでした。よろしくお願いいたします。

新規の記事の掲載・遅延

管理人です。
新規の記事掲載・遅延について、お知らせです。

ここ最近、Windows10 OS が繰り返し異常終了したため、ブログ記事の新規投稿が遅れています。
「修復しようとしています…」みたいなメッセージが表示されましたが、Windows OS は修復されませんでした。再起動を繰り返すだけでした。その度に、OS の再インストールを実施しました。

そして体調も不調(不眠症・下痢・接触性皮膚炎などの体調不良)なので、ブログ記事の加筆修正(リライト)も完了しておりません。こちらの作業も、遅れる見通しです。2017/02


ここ数か月間、胃腸などの体調が不調のため、ブログ記事の新規投稿が遅れています。新規の記事については、しばらくの間あまり投稿しない予定となります。

しばらくの間、既存のブログ記事の加筆修正(リライト)を行いたいと思います。
※意味段落にまとめて、わかりやすい見出しを追加するなど。

簡単ですが、お知らせでした。2016/09


別の業務が多忙のため、ブログ記事の投稿が遅れています。

原稿のストックはありますので、後日、投稿を再開したいと思っております。

簡単ですが、お知らせでした。2016/05

追記:スマートフォンで閲覧する方が多いので、できる限りスマートフォンでも読みやすくしたいと思っております。
例:分割できそうな長文の記事を、分ける事など。2016/05


メモ仙人
タイトルとURLをコピーしました