介護報酬の請求業務を行なう仕事・介護事務

介護事務員介護や福祉業界では、介護事務という仕事があります。
介護事務では「介護報酬請求業務」などを行ないます。介護において、事務の面で関わってゆこうという仕事です。

介護保険では、介護サービスや予防サービスのうち、1割を本人の自己負担とします。あとの9割は、保険者が負担しています。介護事務では、これらのサービスの支払い業務を行ないます。
医療機関では、介護を受ける人にサービスを実施後に、国保連合会に9割のサービス料の請求を行ないます。介護事務を行なう人は、これらの介護報酬の「請求の手続き」の場面で活躍する人です。

例えば老人介護施設では、施設で行なったサービス内容を市町村などに請求することになります。その事務手続きにおいて、介護事務の方が活躍します。

介護事務の活躍の場としては、在宅介護のサービスを行なう事業者や、老人保健施設、特別養護老人ホームなど、たくさんの勤務先で働ける職業と言えます。

近い将来に医療事務の仕事に就きたいと考えている方は、介護事務の仕事に就くことも検討してみるといいかもしれません。なぜなら需要が増えており、必要とされている職種だからです。今後しばらくの間、人材不足が続くと予想されており、就職しやすい職種と言えます。

また、介護事務という仕事は、現在ホームヘルパーとして働いている人が知識を広める際や、ケアマネージャーを目指す際にも役立つ仕事です。体力が求められる仕事は心配だという人にも、適する仕事と言えます。
今後もしかしたら、介護施設だけでなくて医療機関でも、その必要性は増してくるかもしれません。

ただし介護事務では、介護に関する専門的な知識が必要です。一般的な医療事務と異なる知識が求められます。例え医療事務の経験者でも、介護事務を行なうためには「さらに介護のことを勉強する必要」があります。

介護事務のプロを目指す際、資格の勉強をすると良いかもしれません。例えば介護事務の資格には、介護事務管理士・技能認定試験があります。興味ある方は、ぜひこのような資格を取得してください。

なお、介護の制度については、将来変更される点もあると思います。
最新の制度の内容を、ご確認ください。
※この記事は2007年当時の記事になります。

ビジネス
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム