ダイエット中、栄養豊富な卵を食べましょう

栄養豊富な卵

半熟卵

卵は、タンパク質を中心とした、とても豊富な栄養素を含んだ完全食品と言われています。

卵には、必須アミノ酸と言われる人間に必要な栄養素がバランスよく含まれています。そのため免疫力が高まり、感染症などにかかりにくくなります。

黄卵には、コリンという栄養素が含まれています。「若さ」と「健康」を維持してくれる栄養と言われています。
また、血中コレステロールを下げる作用もあります。動脈硬化、高脂血症などの予防に繋がる、と言われています。

なお、卵は「その調理法」によって、栄養価が変わってしまいます。ちなみに、最も栄養の摂取効率が良いのは、温泉卵のような半熟の物だそうです。

価格の差の理由

ところで卵の「値段」や「美味しさ」には、違いがあります。なぜでしょうか?
その価格の差は、鶏に与える「エサ」の違いです。高価なエサを食べている鶏の卵は、やはり価格が高くなります。

また、「放し飼い」で育てられた鶏が産んだ卵も、非常に価格が高くなります。
なお、気をつけて欲しいのは「地鶏」と書かれた物が、必ずしも「放し飼い」という意味ではないということです。放し飼いの卵は、ちゃんと「放し飼い」と書かれているそうです。

ダイエット中、卵で栄養補給しましょう

ダイエットで食事制限をしていたり、ダイエット食品を利用したダイエット法を行なっていたりすると、栄養が偏ってしまう場合があります。

なのでダイエット中だとしても、毎日1個から2個を目安として卵を食べるようにしましょう。

もしもダイエットのために、高額なダイエット食品を購入して食べるなら、ブランド卵で有名なヨード卵を購入して食べるほうが良いかもしれません。ヨード卵などの「良い卵」を、食べてみましょう。

卵という食材は、「ゆで卵」「卵焼き」「スクランブルエッグ」「目玉焼き」など、様々な料理に使えます。
個人的には「目玉焼き」が一番美味しい、と思います。あと「ゆで卵」も、なかなか美味しいです。ラーメンの上に乗っかっている「ゆで卵」を、いつも美味しくいただいています。

ダイエット中でも美味しい卵料理を味わって食べることができたら、ストレスを軽減できてダイエットを続けられると思います。

人気のおかず・卵焼き

「卵焼き」は、お弁当の定番となっているくらい人気の「おかず」です。
また、洋食屋に行くと、ふわっとした柔らかい食感で「ほんのり甘い卵焼き」が出てきます。
「プロが作るような卵焼き」を、素人が作ることは難しいです。だけどここでは、「卵焼き」の料理のコツについて、お話したいと思います。

「ふわっとした食感の卵焼き」を作りたい場合、砂糖を入れましょう。砂糖を入れることが料理のコツと言えます。
大まかな作り方については、まず溶き卵を作ります。そこに、「塩」や「だし」などの調味料を加えます。
そして、卵に砂糖を加えます。砂糖を加えることで、ふわっと焼き上げる効果を得られます。

「美味しい卵焼き」を作りたい場合、そのコツは焼く温度です。フライパンや卵焼き器の温度については、150℃から170℃にしましょう。
温度の判断の仕方については、まずは卵焼き器を温めて油をひきます。そこに、ほんの少しだけ溶き卵を箸先で落としてみます。すぐに卵がジュッと音を立てたら熱すぎる、と言えます。数秒の間、ジューと音がするくらいが、ちょうど良い温度です。
卵焼き器から煙が上がるくらい温めてしまっては、温度が高すぎると言えます。



タイトルとURLをコピーしました