健康のために必要な物だった、脂質の一つ・コレステロール

適度に必要なコレステロール

中性脂肪は、ダイエットや健康にとって邪魔物であると言われています。しかし健康であるためには、適度に必要な物と言えます

中性脂肪の仲間と言える物に、コレステロールがあります。このコレステロールは、血液中にある物というイメージが強いです。しかし脳や脂肪細胞、内臓や筋肉などの全身に存在しています。

その役割は、細胞膜を維持するという役割です。また、筋肉の質を高めるホルモンや、食べ物の消化などを助ける胆汁の材料でもあります。

以上の事からも、コレステロールは人の体には必要な成分と言えます。

コレステロールと脂肪の違い

ところで体脂肪・中性脂肪・コレステロールという言葉を聞きますが、これらには「どのような違い」があるでしょうか。

体脂肪とは、体に付いている脂肪組織の総称です。
中性脂肪は、体脂肪の元になる脂質です。

コレステロールとは、中性脂肪と同じ脂質の一つです。

なお、中性脂肪やコレステロールは、体にとって重要な役割を果たしています。ただし体内に溜め込み過ぎると、どちらも動脈硬化などの原因になります。

コレステロールの呼び名

一般的に、コレステロールは「善玉(HDL)」や「悪玉(LDL)」などと呼ばれています。
「善玉」も「悪玉」も、コレステロールを運ぶ役割を持っています。その運び方の違いから、呼び名が異なるようです。
※ここで言っている善悪は、健康にとって「良い物」「悪い物」という意味では、ないそうです。悪玉という呼び方に対しては、不適切であるという意見もあります。

善玉コレステロール

善玉コレステロールを増やすためには、食生活を改善することが最も必要と言えます。イワシなどの青魚、納豆や豆腐などの植物性脂肪を取るようにしましょう。そして牛肉やバターという動物性脂肪を多く含む食品を、適切に控えましょう。
このように食生活を改善するすることで、善玉コレステロールの量を増やせると思います。

なおメタボ健診では、主に善玉コレステロールの量を測定します。
善玉コレステロールは、体を動かして汗を流す事で増加します。適度な運動は、非常に有効と言えます。あと、禁煙や節煙、節酒も必要とされています。

悪玉コレステロール

悪玉コレステロールについては、各細胞に「コレステロールを運ぶ働き」はあるけれど、余分なコレステロールを回収する機能がないです。そのため、血液中にコレステロールが溜まってしまいます。よって、悪玉と呼ばれているようです。

なお、悪玉コレステロールが多すぎる場合、高血圧や高血糖、高脂血症の原因となるようです。これは、血液がドロドロになっている状態と言えるでしょう。

メタボリックシンドロームの予防においては、悪玉コレステロールが多すぎないことが重要です。
※悪玉コレステロールが適量なら、問題ないです。

要注意なコレステロール値

要注意だった健康診断の結果大人になったら、そして特に中高年になったら、健康診断時のコレステロール値が気になる事でしょう。
私ごとですが、近年毎回「要注意」と診断されています。

コレステロール値の異常値なんて気にしない(気にしたくない)と言いたいところです。しかしコレステロール値の異常は、動脈硬化を起こす「きっかけ」になる可能性があります。なので、異常値を改善しておくほうが健康に良いと言えます。

※お茶の一つである緑茶には、コレステロールを減らしてくれる効果があると言われています。