アンチエイジングを期待できる食材・玉ねぎ

玉ねぎ料理でアンチエイジング

玉ねぎ「玉ねぎ」は毎日の食材として、様々な料理に使えます。お味噌汁の具を始め、チャーハン、カレー、シチュー、ハンバーグ、肉じゃが、グラタンなど、色んなメニューに使えます。
「玉ねぎ」をメインの食材として使う、オニオン・スープやオニオン・リングフライ、「玉ねぎ」のサラダなどもあります。
これだけ料理方法が豊富なので、毎日摂取できると思います。

そんな「玉ねぎ」を使った料理には、アンチエイジングの効果を期待できます。

「玉ねぎ」には血液をサラサラにする効果や、老化を防ぎ、動脈硬化も防ぐ効果があると期待されています。
「玉ねぎ」に含まれている硫化プロピルは、生の状態では、「血中糖分の代謝を助ける働き」を期待できます。そして同様に含まれている硫化アリルは、「血液をサラサラにする働き」を期待できます。「これらの働き」により、血栓や動脈硬化を予防できるとされています。
さらに血液をサラサラにすることは、血行を良くすることになります。実際に血行が良くなれば、低体温を改善するのに繋がります。体を温めてくれる食材としても、「玉ねぎ」を覚えておきましょう。

また、「玉ねぎ」にはポリフェノールが含まれていて、脂肪除去の効果も期待できます。
さらに「玉ねぎ」は、育毛・発毛の基盤である「毛母細胞の働き」を良くする食べ物としても知られています。「玉ねぎ」は血行を良くして、「毛母細胞の働き」を手助けしてくれます。

以上のように、「玉ねぎ」は若返りに良い効果を期待できます。なお、その効果を減らさないようにするには、「新鮮な玉ねぎ」を生で食べると良いそうです。調理する時に火を通すと、それらの効果が半減してしまうからです。

生で「玉ねぎ」を食べる方法には、「玉ねぎ」を水にさらして、ドレッシングをかけて食べる方法があります。結構、美味しく食べる事ができます。

あと、「玉ねぎ」を小さく切ると細胞を破壊して酸化し、成分が変わってしまいます。なので、大きめの縦切りにすると良いです。
また、水に長時間浸していると、成分が流れ出てしまいます。注意しましょう。

飲む玉ねぎ

毎日の食事で「玉ねぎ」を食べている人は、ぜひこれからも食べ続けましょう。1日当たり「半分の玉ねぎ」を食べる事は、体にとって良いそうです。メタボや肥満に「お悩みの方」にも、「玉ねぎ」は「おすすめしたい食材」と言えます。

そして近年、メタボ対策に良いと言われている玉ねぎ食品として「飲む玉ねぎ」があります。「玉ねぎ」のジュースやスープ、お茶などです。飲み物を飲む事については、「玉ねぎ」を食べたのと同じ事になります。
ちなみに市販品の「飲む玉ねぎ」は、飲みやすい物に調整されています。「はちみつ」を入れたりして、飲みやすくしてあるそうです。

「飲む玉ねぎ」で、毎日の食事をより良い物にしてみましょう。きっと、ご自身の健康向上に役立つと思います。

玉ねぎ皮茶で血液サラサラ

一般的には、血液はサラサラであるほうが健康に良いと言われています。もしもコレステロールなどが原因で血液がドロドロだったら、コレステロールが血管にくっつき、血流が悪くなり、血栓ができたりなんて事もあります。これは脳卒中などの病気に繋がる可能性がある、と言えます。

血液をサラサラにする健康法が、いくつかあると思います。その中の一つに、お茶を飲む方法があります。飲んでいただきたい「お茶」として、「いちょう葉茶」や「そば茶」、「松葉茶」や「黒豆茶」などがあります。

そんな「お茶」の中でも、おすすめの「お茶」は玉ねぎ皮茶です
「玉ねぎ」は血液を綺麗にすると言われており、お茶で飲んた場合でも、そのような「玉ねぎの効果」を得られると期待できるからです。

血流が良くなる事は、動脈硬化の予防にも繋がります。ぜひ、血液サラサラを目指してください。
なお、玉ねぎ皮茶については、自分で「玉ねぎ」の皮を煮出して作ることもできます。よかったら、ぜひ作ってください。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム