オンラインゲームのセキュリティ対策

泥棒
ネット上に潜む、悪い奴

オンラインゲームにおいて、残念ながら危険な事もあります。例えば、アカウントハックがあります。勝手に人のアカウントを使って、ゲーム内の通貨などを盗むという行為です。

では、そんな危険から、自分の身を守る方法はあるでしょうか?

まずは、怪しいサイトを見ないことです。
そして、不正なツールを使わないことです。なぜなら、そこからウイルスに感染してしまう可能性があるからです。

あと、アカウントのパスワードを、まめに変更することも有効と言われています。
ただし、パスワードを変更することを嫌がる人は多いです。パスワードの管理が面倒だからです。便利なパスワード管理ソフトを使ったり、ノートにパスワードをメモしたりして、きちんと管理しておきましょう。
※定期的にパスワードを変更するよりも、難解なパスワードを使うほうが安全であるという指摘もあります。

なおオンラインゲームでは、セキュリティカード・システムを導入できると良いでしょう。これなら、アカウントハックの可能性を減らせるからです。

ウイルスプログラムに注意しましょう

オンラインゲームに関するウイルスが、問題になっています。このウイルスに感染すると、その人のゲーム内の通貨やアイテムが、他人に盗まれてしまうそうです。

オンラインゲームで検索した時に出てくるサイトの中には、一部怪しいサイトもあるようです。
例えば「リネージュ」で検索した場合、リネージュのファンサイトを偽装したサイトがあるようです。偽装サイトの中には、ウイルスに感染させるためのサイトもあります。
URLをクリックしただけで、ウイルスに感染するケースもあるそうです。例えばURLアドレスの末尾がexeになっている物は、ウイルスかもしれないと注意してください。

サイトだけでなく、Eメールで感染することもあります。オンラインゲームに関するメールでも、送信者が不審である場合は、メールを開かないようにしてください。

※この記事は2010年当時の記事になります。



タイトルとURLをコピーしました